【記述練習】19:自分の成長

  •  
  • 305
  • 7
  • 3
  • Japanese 
Jun 18, 2016 20:12
【記述練習】19:自分の成長
自分の成長や向上のため、得意なものに集中して、より高いレベルを目指するだけではなく、苦手なものに集中して、苦手なもののレベルを上げるべきだと思います。これかれ私の考えを述べます。
まず、得意なものに集中して、その領域の知識を更に精進します。それは専門家になるため、大切な方法です。一般的に、得意なものには、自分の興味と生まれつきの才能があるものです。そのものを集中して、自分の能力を磨いて、自分は徐々に成長しつつある。いつか、専門家になります。
しかしながら、ただ得意なものを集中することのみは十分ではありません。
自分の成長について、得意なものに関わらず、さまざまな物事を触れるべきだと思います。特に、苦手なものにも、勇気を出して、精一杯そのもののレベルを上げることは人生の不可欠な課題です。苦手なものは、自分の不足と欠点を見つけるのを助けてくれます。もし、私たちはその困難を克服すれば、新た能力を培うだけではなく、新た機会も会うかもしれません。ですから、私たちは少しずつ進歩しています。もし、私たちはそのものに苦手から、試みることを諦めして、自分の潜在的な能力と可能性も諦めます。それは惜しいことでしょう。従って、挫折は自我を鍛えて、大切な動力です。
これによると、私は自分の成長と向上させたりするために、得意なものにも苦手なものにも、すべてを集中するはずだと思います。
記述練習19:自我成長
為了自我成長,除了要專注於提升拿手的事物以外,也要專注於強化不拿手的事物。以下是我的想法。
首先,專注於得意的事物,精進該領域的知識,是成為專家的重要方法。一般而言,自己拿手的事物就是自己有興趣和天分的事物。專心發展該發麵的能力,可以讓自己逐步成長。哪一天就能成為專家。
但是,只專注於自己拿手的事物是不夠的。我認為,關於成長,不管是不是自己的專長,應該要接觸各式各樣的事情。特別是面對不擅長的事物,能夠提起勇氣,盡力去提升不拿手的能力。不拿手的事物,可以幫助自己發現缺點。如果我們能克服不拿手的困難,不但能培養新的能力,也有可能碰到新的機會。因此能夠一步一腳印的進步。如果我們因為對那件事情不拿手而放棄嘗試,我們也放棄了自己潛在的能力和能力。這是很可惜的。因此,挫折也是自我鍛鍊非常重要的動力。
總之,我認為為了讓自己成長,拿手事物也好,不拿手的事物也好,都應該專注發展比較好。