卒業制作「捏麵人生」

  •  
  • 266
  • 7
  • 4
  • Japanese 
Dec 30, 2015 22:08
卒業制作「捏麵人生」

昨日、大学の友達で台湾料理の炒め物を食べました。蔥は牛肉を跳ねることや、蛤の蜊糸瓜や、サーチャージャン炒羊肉や、三杯鶏なとを注文しました。その中にエビ団子揚げ一番すぎでしたから、皆は2皿を食べました。おいしかったから、ちょっと食べすぎでした、お腹がいっぱいでした。最近、運動しないて、太るようになります。

その集まりは久しぶりにクラスメートの同窓会でした。私たちの認識のきっかけは、コミュニケーションがくの選択科目の卒業制作でした。私たちの大学は研究大学でも、その授業の教授は理論ではなく、自分に作品をすることも重要と思いました。異なる学部の学生はその卒業制作を選択して学びました。私たちは同じなグループでした。私たちの作品は「捏麵人生(The Legend of Dough Figurine)」というのクレイアニメでした。その時、お金はなかったし、技術もなかった、全て自分に模索して、最初から学びました、とでも大変でした。でも、お互い討論たり、助け合いまして、面白い経験でした。

「捏麵人生」の趣旨は民間芸術「捏麵人」を広めたいんでした。台湾の歴史を背景にして、擬人化の主人公のスートーリを述べられました。外来文化の衝撃を臨んでても、自身の価値をみつかりました。

拙い作品のに、恥ずかしですが、いい思い出ができました。

捏麵人生

Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app