【記述練習】14:我慢できない若者

  •  
  • 458
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Apr 15, 2016 15:15
【記述練習】14:我慢できない若者
最近、「キレル」と「ムカツク」という言葉に象徴されるように、がまんすることができない若者が増えているといわれます。私はそれは環境の影響なので、環境を改善しなければならないという考えに賛成します。
まず、生活環境の悪化については様々な指摘があるが、その中で「環境ホルモン」が人体及ぼす影響が問題となっています。環境ホルモンは、正常なホルモンを狂わせ、凶暴な行動などの原因となる場合が多いようです。最近、若者は我慢できないことは環境ホルモンの影響ではないかと言われています。
このように、環境ホルモンとして人体に害を及ぼす有毒な物質が私たちの周囲にある限り、「キレル」と「ムカツク」というような若者たちの衝動的な行動をとめることはできないだろう。
さらに、悪い社会環境は若者我慢させない原因です。貧富の格差が拡大していて、消費主義が皆を巻き込んで、資本主義が高まって、自然を離れて、現代人の生活抑圧感を感じるようになっています。
それ以外、家庭内暴力や、多くの暴力な情報や、冷淡な人間関係や、多様な犯罪などの社会問題は、現代人心理問題はどんどん増やしています。そして、どうしても耐えられなくなった状況がよく見かけます。
現代の若者の心身健康について、私は最も重要なことは環境を改善しべきだと私の考えです。
記述練習14:沒耐性的年輕人
最近,「暴走」和「生氣」常被用來形容沒耐心年輕人的語彙。我認為這是因為受到環境的影響,所以不能不從環境改善著手。
首先,生活環境惡化各個面向,其中,環境賀爾蒙會影響人體,擾亂正常的賀爾蒙,而產生凶暴賀爾蒙的的情況所在多有。最近有年輕人缺發耐心與環境賀爾蒙有關的說法。損害人體的有毒賀爾蒙衝充斥在我們周遭。使得「暴走」和「生氣」的年輕人無法克制衝動的行為。
而且,惡化的社會問題也是使年輕人缺乏耐心的原因。包含貧富差距擴大、捲入消費主義、資本主義高漲、與自然環境疏離,讓現代人生活感到壓抑。
此外,家庭暴力、氾濫的暴力訊息、冷淡的人際關係和多樣化犯罪等社會問題,造成了現代人的心理問題越來越多,因而失去耐心的狀況越來越常見。