学習性無力感

  •  
  • 24
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Sep 4, 2019 13:55
大学のごろ心理学の授業で初めて「学習性無力感」を知った。ある動物事件よく覚えている。犬は箱に閉じ込めれた。たまに科学者が犬に感電した。最初のフェリーで犬は感電を避ける方法がなかった。初めに、犬は感電を避けるためにいろいろなことを試したが、結局避ける方がないと気づき、諦めた。面白いのはフェリー2だ。犬はまた同じ状況にされたけど、一つの条件は違った。今は犬が箱から飛び出すことで感電から避けられるようになった。でも犬は状況が変わったにもかかわらず、飛べずに感電を受けた。外原因ではなく、内原因だと犬が思ってしまう。自分が無力だから、頑張っても何も変わらないと学習した。きっと僕たち人間もそうだろう。例えば、恋愛で失敗した後、「私は無理だ」と心に抱いている人が多いと思う。無理かどうか、それ原因は外か内にあるか決定された。外原因の場合、例えば田舎の村で趣味が合うが少ない場合は、都市に引っ越すことで恋愛の成功チャンスがあるんじゃない。一方で、性格が本当に悪い人の場合、内原因だよね。本当に無力だとかもしれへん。決定的な質問は、「外」か「内」だ!「絶対無理」と思う時に、もう一度考えてみと、もしかしたら箱から飛び出せる!