生存者バイアス

  •  
  • 29
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Aug 21, 2019 17:34
だれでも成功者になりたいでしょう。そうなれるために、成功できた人、例えば大企業のCEO、有名な選手、俳優等のアドバイスを従う人々がかなり多いですね。なぜなら、成功できたから、優れた人物あるはずです。あなたもそう考えているかもしれません。しかし、この場合はあなたがかなり間違えています。この間違いに基づいた原則は生存者バイアスと呼ばれています。私たちは生存者、生存者というより激しい競争で勝った人、この人しか見えません。つまり、負けたを人も検討に関与しないといけません。例えばある選手は毎日あるものトレーニングをします。成功したから、このトレーニングは絶対影響するでしょう。違います。まずは同じトレーニングをした成功できてない人について考えましょう。人数が多い場合は、トレーニングの影響は低いと考えています。成功者がした不成功者がしてない行動等を知るために、かならず不成功者も分析する必要があります。もちろんそうしても成功者になる可能性が低いです。その理由は運です。Steve Jobsは天才かもしれません。運がよかったバカかもしれません。成功したかどうかから判断すると、全く分かりません。日常も生存者バイアスでミスするケースが多いから、気を付けましょう。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app