关于文学小说

  •  
  • 327
  • 3
  • 4
  • Mandarin 
Oct 30, 2018 23:29
我很喜欢看小说。
虽说都是小说,也有各种各样的。
其中有文学小说,是描写战争、宗教、民族、贫困等,让读者非常感动,很值得一看。
同时有恋爱相关内容的小说,这还是古今中外,普遍存在的现象。
关于这个我总是想。
那些作品的内容和妇女们在井边闲聊的话有什么差别?
我讨厌参加她们谈论别人的事,比如谁谁搞了婚外情,谁谁怀孕了等。
就是那么说,我喜欢看的文学小说的内容也归根结底,还是和在井边闲聊的话差不多。
我是不是喜欢情话呢?
关于这个有人告诉我,在井边闲话的话,她们只看事情的表面,讲得滑稽有趣。
但文学小说的话,仔细写出人的心理,环境,社会,会让读者思考人的心情,而培养感受性丰富的人。
以此和娱乐性小说也划清界线。
文学小説について
私は小説を読むのが好きだ。
小説とひと口に言っても、いろいろある。
その中で、文学小説は、戦争や宗教、民族、貧困を描いて、私たち読者を感動させてくれる。まことに読む価値がある。
同時に、恋愛に関する小説もあって、これは古今東西どこにでも存在する。
これに関して、私は思うのだ。
それらの作品の内容は、女性たちが井戸端会議でしている話題と、どれほどの違いがあろうか。
私は彼女らの、例えばだれだれが不倫しただの、だれだれが妊娠しただの、人のうわさ話に加わるのがいやだ。
とは言っても、私が読むのが好きな文学小説のストーリーはせんじ詰めれば、井戸端会議の内容と大差はない。
私は痴話を好むってこと?
このことに関して、ある人が私に教えてくれた。井戸端会議での話では、彼女らはただ物事の表面しか見ないで、面白おかしく話しているだけだ。
しかし、文学作品は、細やかに人の心、環境、社会を描いて、読者に考えさせ、感受性豊かな人間を養うのだ、と。
そして、これによって、娯楽小説とも一線を画すのだと。