预兆

  •  
  • 296
  • 2
  • 3
  • Mandarin 
Aug 30, 2018 23:44
人总会感到一丝模糊的不安而生活下去。
也不是那么严重的,但我非常讨厌从夏天变成秋天的这个时候。
我总是感到莫名其妙的不安。
话说,在美国人恐怖小说家Stephen King写的作品中有一部名为《Cujo》的小说。
下面是小说内容的梗概。
有一个孩子总是跟妈妈说:“在壁橱里边有什么动物盯视着我。”
于是妈妈检查了壁橱里,但什么都没变。
妈妈安慰了儿子就走出儿子的房间去了。
但之后儿子一直在恐惧不安中渡过了日子。
一天,妈妈把儿子搭乘她开的车去拜访了朋友家。
朋友家好像家人都不在家,只有一只狗,但它好像是得了狂犬病的样子,而且脖圈断了。
真不巧汽车出了毛病不动了。
但母子俩因为有狂犬病的狗,所以不能下车找人帮忙。
在炎热的天气下母子俩被困在汽车里,儿子会渐渐地体力衰弱。
最后母亲趁狗不备,下车后进行了殊死战斗,终于把狗杀死了。
但已经耽误了,儿子死了。
毕竟,对儿子来说,壁橱的事情是不祥预兆。
因此我也总觉得我对这个时候的不安指什么预兆呢。
可能看书看得过多了。
予感
人は、いつも何か漠然とした不安をかかえて生きていく。
大したことではないが、私は夏から秋に変わるこの時期がたまらなくきらいだ。
いつも何かわけのわからない不安を感じるのだ。
ところで、アメリカのホラー作家スチーブン・キングの作品で「クージョ」という小説がある。
下記はストーリーのあらすじだ。
ある男の子がいつも母親に言う。「クローゼットの奥に何か生き物がいて僕を睨むんだ。」
それで母親はクローゼットの中を調べるが、何も変わりはない。
母親は息子をなだめて、息子の部屋を出た。
しかし、それからも息子は、ずっと怖い思いをしながら日を過ごす。
ある日、母親は息子を車に乗せて知人の家を尋ねた。
知人の家は留守のようで、一匹の犬がいるだけだが、しかしその犬は狂犬病にかかっているようで、首輪も引きちぎれている。
運悪く、車は故障して動かなくなってしまった。
しかし、母子は狂犬病の犬がいるので、車を降りることができず、助けを呼ぶこともできない。
炎天下で母子は車に閉じ込められて、子供の体はだんだん衰弱していく。
最後に、母親は犬のスキを見計らって、車を降りて犬と死闘を繰り返し、終に犬をやっつけた。
しかし、時すでに遅し、子供は死んでいた。
結局、子供にとって、クローゼットのことは不吉な予兆だったのだ。
それで私も、この時期の不安が何かの予兆かしらと、思ったりするのだ。
本の読み過ぎかもね。