接力赛跑

  •  
  • 253
  • 1
  • 3
  • Mandarin 
Aug 31, 2018 23:41
昨天的雅加达亚洲运会的男子400米接力赛跑很精彩。
日本队的四个选手一应一和地跑,把对方队远远地甩在后面而取得了大胜。
这次的四个选手是在前年举办的里约奥运会获得到银牌时候的成员中,除了一个选手,其它的三个选手都再次参加。
第一棒是很擅长起跑的山県选手,他起跑时的冲刺后,把接棒递给新人多田选手,然后把接棒第三棒的桐生选手接过来了。
我是桐生选手的粉丝。
第三棒是要跑转弯,因此需要高级的技巧,他一口气加速一跃而居首位,把接棒递给最后一棒的kenburizi选手。
kenburizi选手跑到终点遥遥领先。
递给接棒方法当然是从下向上,递给接棒时这个方法虽然有点失误的风险,但可以减少速度的损耗,他们都很拿手。
这次的记录38秒16,还不如奥运会的37秒60,但他们之后也会更加努力下去的。
我们很期待他们会在2020年的东京奥运让我们看怎么出色的表现。
リレー
昨日、ジャカルタアジア大会の男子400メートルリレーはとても素晴らしかった。
日本チームの四人の選手は息の合った走りで、他チームをぐいぐい引き離し、圧勝した。
今回の四人は、一昨年行われたリオデジャネイロオリンピックで銀メダルを獲得した時のメンバーの中で、一人を除いて後の三人は二度目の出場である。
第一走者はスタートが得意な山県選手で、彼がスタートダッシュして後、バトンを新人の多田選手に渡して、それから第三走者の桐生選手がバトンを引き継いだ。
私は桐生選手のファンだ。
第三走者はコーナーリングを走らなければならず、高度なテクニックを要する。彼は一気に加速して、トップに躍り出て、バトンをアンカーのケンブリッジ選手に渡す。
ケンブリッジ選手は、相手をはるかにひきはなして、ダントツトップでゴールインした。
バトンの手渡し方は当然アンダーハンドだ。バトンを渡す時、このやり方は失敗の危険があるが、しかし速度のロスを少なくする。彼らが得意とするところだ。
今回のタイムは38秒16で、先のオリンピックの37秒60には及ばなかったが、彼らはこれからも更なる努力を重ねていくことだろう。
私たちは、彼らが2020年の東京オリンピックでどのような素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるのかと期待する。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app