“俺”和“僕”

  •  
  • 924
  • 8
  • 7
  • Mandarin 
Sep 20, 2016 23:31
日语里,第一人称的说法比较多。
关于男人这一点的话,“watakushi、watashi、boku、ore、oira、ora、washi、jibun”等有很多的说法。
我闲得无事看着网络上,看到了一个栏目。
作者讲述着对于英语的“I”,男人的话,“俺”或者“僕”还有“私”一般这样翻译成日语的。
那,什么时候用“俺”或者“僕 ”呢?
这根据译者的心情来写出来。
比如,在奥运会田径100米竞赛获得到金牌的Bolt,在报纸上写着他说的一句话,“俺が最強だ。”,“I'm the greatest.”的意思。
为什么用“俺”,而不使用“僕”呢?
另外体操选手Vemyayev说过的话,“次は僕が彼に勝つ。”,汉语的意思是“下次我一定要赢给他。”
而且游泳选手Phelps也用“僕”。
这样翻译成日语的方式,我觉得很自然又很适合我在心中的形象。
由此可见,“俺”是给人联想到一个矫健的男人。
而“僕”的话,则给人联想到一个有学识的知识分子的形象。
最后作者说,日本的一本叫《哆啦A梦》的漫画书里,有一个出现的人物名字叫“zhaian”,如果他称呼自己“僕 ”的话,截然不符合他的形象。
同时“nobita”应该还是“僕”。
「俺」と「僕」
日本語には一人称の言い方は比較的多いです。
男に限って言えば、「わたくし、わたし、ぼく、おれ、おいら、おら、わし、じぶん」等、たくさんあります。
徒然なるままにネットを見ていると、あるコラムが目に入りました。
英語の「I」について、男の場合は、日本語に翻訳すると、「俺」或いは「僕」、はたまた「私」、普通はこのように翻訳されると作者は言っています。。
では、どのような時「俺」或いは「僕」と言うのでしょうか。
これは翻訳者の気分によって、決まるのです。
例えば、オリンピックの100メートル走で金メダルを獲得したボルトは、新聞紙上で彼の一言として、「俺は最強だ。」と載せられています。「
どうして、「僕」でなくて「俺」なのでしょう?
他に、体操選手のベルニャエフの言葉では、「次は僕が彼に勝つ。」、中国語の意味は「下次我一定要赢给他。」です。
また、水泳選手のフェルプスも「僕」です。
このような日本語への翻訳は、とても自然で私の頭の中のイメージと合っていると思うのです。
このことから、「俺」は人に力強くてたくましい男の人をイメージさせます。
ところが、「僕」だと、知的なインテリを連想させるのです。
最後に作者は言います。日本の本で「ドラえもん」という漫画に出てくるジャイアンがもし自分のことを「僕」といったら、全然彼のイメージに合いませんものね。
同時に「のび太」はやはり「僕」でなければいけません。