我弟弟和小说

  •  
  • 427
  • 3
  • 4
  • Mandarin 
Oct 31, 2018 23:31
我弟弟在一所初中学校当老师。
他总是只看教育方面的或者政治方面的书,不看小说,倒不如好像把小说种类的书有些瞧不起的样子。
他今年春季的时候来我家,看到了在书架上的几本Kazuo Ishiguro写的小说。
他说:“既然获得了诺贝尔文学奖的作家写的书,至少就要看一本。为了不被同事的话丢下。”
于是我为他选择了一本名声最好的书,借给了他。
然后到了夏天他又来了我家,就说:“我从来没有看过那么好看的书。不愧是获得到诺贝尔奖的书啊。”
他接着说:“我一直没想到,小说这么有意思。”
我说:“看小说不仅是很有意思,而且可以学到很多知识。
我很想让你多看看小说。
这里所有的书,你想看什么书,就什么书多少书都可以带回家看看吧。”
我不同往常,摆了老资格。
快要到寒假,我期待他再次会来说什么读后感。
弟と小説
私の弟は中学校で先生をしている。
彼はいつも教育関係か政治関係の本だけを読んで、小説は読まない。むしろ小説なんかをバカにしているようだ。
彼は今年春に私の家を尋ねて来て、本棚の何冊かのイシグロ・カズオ著作の本が目についた。
彼は言うのだ。「ノーベル文学賞をもらった作家の著作だから、一冊だけでも読んでおかなくちゃ。同僚との話に取り残されないためにね。」と。
それで私は彼に一番評判がいいのを一冊選んで、彼に貸してやった。
それから夏になって、彼は又私の家へやってきて、言った。「僕は今までこんなに良い小説を読んだことがない。さすがはノーベル賞受賞者の作品だ。」
彼は続けて言う。「僕はずっと小説がこんなに面白いものだとは知らなかった。」と。
私は言った。「小説を読むのは面白いからだけではなく、たくさんの知識を得られるわ。
私はあんたにたくさん小説を読んでもらいたい。
ここにある本で、あんたが読みたい本は、どんな本でも何冊でも家へ持って帰って読んだらいいわ。」
私はいつにない、姉さん風をふかせた。
やがて冬休みになって、彼がまた来てくれてどんな読後感を語ってくれるか楽しみだ。