五千日元和一万日元

  •  
  • 875
  • 3
  • 5
  • Mandarin 
Dec 17, 2015 23:01
今天我在超市的账台付款时候,收款员把我给的一万日元的纸币算错了五千日元的纸币。
现在的收款台都电脑控制,没有算错。
即使人打错了,机器也会修改的。
我回想起了很久以前的一件事情。
那时候我在超市做临时工。
有一个孩子来买了东西,收款员给他找钱时候,孩子说我刚才给你的是一万日元的纸币,不是五千日元的纸币。
于是收款员马上就打开收款台查看了,但看不见找错钱的结果。
孩子只好离开帐台走去了。
过了不一会儿他带他母亲再来了。
他母亲告诉收款员“我儿子交的一定是一万日元的纸币,为了保护儿子的名誉,请你们再查看一下。”
于是,这次是另外两个收款员再查看了。
他们发现了,把先客人付的五千的礼券以现金来打错了。
结果是明显,孩子交的就是一万日元纸币。
店员都向孩子和他母亲衷心谢罪。
孩子放心地点头。
他母亲却脸上带着微笑说:“谢谢你们能保护我儿子的名誉。”
收款员都反省得不得了。
五千円と一万円
今日私がマーケットのレジで支払いをするとき、レジ係が私の差し出した一万円のお札を五千円札と間違えました。
今のレジスターはコンピュータで管理していますから、間違うことはほとんどありません。
もし、人間が間違っても機械が訂正してくれます。
私はずっと昔のことを思い出しました。
当時、私はマーケットでアルバイトをしていました。
一人の男の子が来て買い物をしました。レジ係がお釣りを渡そうとしたとき、男の子は言いました。僕がさっき渡したのは一万円札だよ、五千円札ではないよ。
それで、レジ係はすぐにレジスターを開けて調べました。しかし、つり銭の間違いがあったとは考えられません。
男の子は去っていくよりしかたがありません。
少しして、男の子は彼の母親を連れてまたやってきました。
彼のお母さんはレジ係に言いました。「子供が払ったのは確かに一万円札です。子供の名誉を守るため、どうぞ、もう一度調べてください。」
それで今度は別の二人のレジ係が再度調べました。
彼らはわかりました。先のお客が払った五千円の商品券が間違って現金で入力してあります。
結果は明らかです。男の子が渡したのは、一万円札です。
店員たちは心から、男の子とお母さんに謝りました。
男の子は安心して軽く頭を下げました。
お母さんは顔に笑みを浮かべて、「息子の名誉を守っていただき、ありがとうございました。」
レジ係たちは反省することしきりでした。