“の”和“こと”

  •  
  • 741
  • 17
  • 5
  • Mandarin 
Dec 26, 2016 23:24
今晚我又要讲中国人学习日语中遇到的问题。
关于“の”和“こと”的区别。
先提出一句中文:“我喜欢看电影。”,翻译成日语的一种是“私は映画を見るのが好きです。”,另一种是“私は映画を見ることが好きです。”。
这日语的两种说法都是完全一样的意思,很多时候可以互换也没问题

但一般书面的话“こと”,比较多。
再提出一句中文:“我看到了他去车站。”,翻译成日语的话,“私は彼が駅へ行くのを見ました。”,不说“私は彼が駅へ行くことを見ました。”。
这就是后面接着“看、听 、感到”等(日语里说知覚動詞)的话,只会用“の ”。
另外与此相反,有只能用“こと”的说法,比如中文里“我会开车。”,翻译成日语的“私は車を運転することができます。”不说“私は車を運転するのができます。”。
就是说,“できます”的话只用“こと” 。
其实解释这两种区别是很难的,因为有很多种类的情况。
在聊天室里,我接受中国人的提问时,也一下子就不知道怎么回答才好。
我们日本人适当地使用这些两种词,但对学习日语的外国人来说会觉得很难吧。
「の」と「こと」
今晩は、また中国人の日本語を勉強するにあたってぶつかる問題についてお話します。
「の」と「こと」の違いについてです。
先に中国語のセンテンスをあげます。「我喜欢看电影。」、日本語に翻訳すると、一つは「私は映画を見るのが好きです。」、もう一つは「私は映画を見ることが好きです。」。
この日本語の二種類の言い方の意味は、まったく同じです。
多くの場合お互いに交換しても何ら差しつかえありません。
しかし、一般に書き言葉では「こと」が多く見られます。
もう一つ例文を挙げてみましょう。「我看到了他去车站。」、日本語に翻訳すると、「私は彼が駅へいくのを見ました。」となり「私は彼が駅へ行くことを見ました。」とは言いません。
すなわち、後ろに「見る、聞く、感じる」等(日本語では知覚動詞といいます)が来た場合は、「の」しか使えません。
他にこれとは反対に、「こと」しか使えない場合があります。例えば中国語の「我会开车。」、日本語の「私は車を運転することができます。」、「私は車を運転するのができます。」とは言いません。
すなわち、「できます。」の時は「こと」だけを使います。
実際のところ、これらの二種類の区別を説明するのは(することは)とても難しいです。なぜなら多くの場面が考えられるからです。
チャットルームで、中国人の質問を受たときは、私はすぐにはどのように答えていいかわかりませんでした。
私たち日本人はこの二つを適切に使い分けていますが、日本語を学ぶ外国人にとっては難しく感じることでしょう。