一位国会议员

  •  
  • 486
  • 15
  • 6
  • Mandarin 
Sep 14, 2016 23:36
日本现在对于野党民进党代表选被媒体炒得沸沸扬扬。
为了当选为民进党代表,三位人参加了竞选。
其中一位是女士,她父亲是台湾人,母亲是日本人,在日本长大了。
据报,对于她的国籍,自她成为了国会议员起,国籍也一直还留在台湾。
就是说她有着双重国籍。
日本不允许双重国籍,到了22岁之前就得自己选择国籍。
日本没有规定抱有外国籍的人不能成为议员,但负责国家的外交、安全保障的国会议员的国籍是外国籍,这样被批评也是不言而喻的。
本人说17岁的时候选择了日本籍,同时办好了脱离台湾籍的手续。但她的辨明换了换好几次,这更加产生了民众的怀疑。
最后说闲话,有人告诉我,因为她的祖先在台湾、所以她很受台湾人的青睐。
但这次她说:“台湾不承认作为一个国家,所以我的国籍在于中国,根据中国的规定,如果取得了日本国籍,就会自动地失掉中国籍。
所以我一直没有双重国籍。”
这个辨明多么迫不得已啊!
结果,她连台湾人的支持也失去了。
国会議員
今、日本では野党民進党の代表選がメディアによって騒がれています。
民進党の代表選に、三人が立候補しました。
そのうちの一人は女性で、父親が台湾人、母親が日本人で、日本で成長しました。
報告によれば、彼女の国籍について、彼女が国会議員になってからもずっと台湾に彼女の国籍が残されていた、ということです。
すなわち彼女は二重国籍だったのです。
日本は二重国籍を認めていません。22歳までに自らが国籍を選ばねばなりません。
日本では外国籍を有する者が議員になれないという規定はないのですが、国家の外交、安全保障を担う国会議員の国籍が外国籍であるということが批判されるということは言わずと知れたことです。
本人は17歳の時、日本籍を得て、台湾籍を抜く手続きをしたと言っています。
しかし、彼女の弁明は二転三転して、民衆の疑惑をさらに深めました。
最後に余談ですが、ある人が教えてくれました。彼女のルーツが台湾であることから、彼女は台湾人にも人気があります。
しかし、このたび、彼女は「台湾は一つの国として認められていないから、私は中国籍であった。中国の規定では日本籍をとってしまうと、自動的に中国籍を失ってしまう。だから、私はずっと二重国籍ではなかったのだ。」と言うのです。
なんとも苦しまぎれの弁明です。
結果、彼女は台湾人の支持をも失ってしまった、ということです。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app