关于英国从欧盟退出问题

  •  
  • 271
  • 3
  • 2
  • Mandarin 
Oct 21, 2018 23:21
关于英国从欧盟退出,现在May首相面临着一场严重的危机。
May首相原来是反对退出派的,但既然当了首相,就应该费尽苦心如何有利于自国脱离欧盟。
我认为关于英国的国民投票,当时在议会上或者英国国民先走偏于感情的议论,却缺少理智的议论。
应该在议会上十分讨论退出欧盟的好歹,而且让国民理解其具体好处和坏处,然后实施国民投票。
彻底讨论过后以投票来决定,这就是英国议会制民主主意 ,以及民主主意的理念。
有一个英国人说:“本来我以为残留派一定会赢的,但我故意地投了退出派一票,没想到自己马马虎虎地投了一票会带来这么严重的结果。”
现在有意见要不要再次做国民投票,但事到如今已经没有办法了。
前首相Cameron留下了无穷的后患。
以上只是我个人的看法而已。
イギリスのEU離脱問題について
イギリスのEUからの離脱について、現在メイ首相は重大な危機に直面している。
メイ首相は本来は離脱反対派であったが、首相になったからには、いかに自国に有利にEUから脱退するか苦心しければならない。
私は、イギリスの国民投票に関して、当時議会や国民の間では感情論が先走り、理性的な議論に欠けていたと思う。
議会でEU脱退の良し悪しを討論して、国民に具体的なそのメリットとデメリットを理解させて、それから国民投票を実施するべきだったのだ。
徹底的に討論し尽くして後、投票によって決めるというのが、イギリス議会制民主主義であり、また民主主義の理念である。
あるイギリス人が言う。「自分はもともとEU残留派が勝利すると思っていたから、わざと離脱派に一票を投じた。自分がいいかげんに投じた一票が、このような深刻な結果をもたらすなんて、思いもしなかった。」と。
現在、もう一度国民投票をやったらどうかとの意見もあるが、ことここに至ってはどうしょうもない。
キャメロン前首相は後々まで続く災いの種をまいたのだ。
以上私の個人的な意見にすぎない。