两个句子的差异

  •  
  • 612
  • 9
  • 8
  • Mandarin 
Dec 20, 2016 23:27
在学外语过程中,谁也会遇到不少语法上的问题。
那时候最好向那外语是母语的人问。
对我来说,如果对方会日语,就更好。
对方也可以听到日语的发音就会好吧。
我曾经常常在网络上的聊天室里跟中国人问过各种问题。
我们互相教学,同时中国人也问我几个日语中的问题。
对于其中有比较多的一个,我想在这里提出来供大家参考。
那是日语里的“~に”,“~には”的差异。
汉语里有个句子,比如:“教室里有几脚椅子。”
翻译成日语的话,一个是“教室に数脚の椅子があります。”,另一个是“教室には数脚の椅子があります。”
前者是说完的说法。
后者不是说完的说法,而后面一定继续有句子。
比如:“教室里有几脚椅子,但没有桌子。”
再比如:“教室里有几脚椅子,也有一张黑板。”等。
大家明白了吗?
二つのセンテンスの違い
外国語を学ぶ上で、誰もが少なからず文法上の問題に出くわす。
その時は、その外国語を母語としている人に聞くのが一番だ。
私の場合は、相手が日本語ができたら、もっといい。
相手も、日本語の発音が聞けていいだろう。
私は、かつてネットのチャットルームでよく中国人に色々な問題について聞いた。
私たちはお互いに教え学び合って、中国人も私に質問した。
その中で比較的多かった一つを、私はここで申し上げて皆さんの参考に供したいと思う。
それは、日本語の「に」と「には」の違いである。
中国語のセンテンスに、例えば、「教室里有几脚椅子。」
日本語に訳すと、一つは「教室に数脚の椅子があります。」、もう一つは「教室には数脚の椅子があります。」。
前者は言いきりの言い方である。
後者は言いきりではなく、後ろに必ずセンテンスが続く。
例えば、「教室には数脚の椅子があります。しかし机はありません。」
更に例をあげると、「教室には数脚の椅子がある。黒板もある。」等。
皆さんわかりましたか?