•  
  • 67
  • 1
  • 2
  • Mandarin 
Aug 21, 2019 23:46
报纸上有一篇专栏很有兴趣。
本来日本的蝉有晚上不叫的习性。
但这几年有些人说起来:在深夜也听到蝉声。
虽然不像白天的蝉鸣聒耳那么喧阗,但确实在深夜听到蝉在叫着。
可能是为炎热的夜晚而不让它们明白现在是白天还是晚上。
一般蝉有温度在24到26度的环境下鸣叫的倾向。
有些学者说明:这样的现象是从10年左右前出现的,尤其这几年很显现出来了。
毕竟,昆虫也是和人类一样,不擅长过于炎热的吧。
蟑螂也热得躲在窝里不出现我在面前。
公园里的蚊子也藏在草木后面,不咬我的胳膊上。
知了的话,今年我也不常听到在白天其叫声。
知了深夜在鸣叫还是不在鸣叫,这我怎么会知道呢。
因为我还是正常,白天会活动,晚上会睡得好。
新聞のコラムが興味深い。
もともと日本のセミは夜鳴かない習性があるという。
ところが、ここ数年、夜中にセミの鳴き声が聞こえてくる、と言いだす者たちがいる。
昼のセミ時雨ほどのにぎやかさはないが、確かに夜中にセミが鳴いているのだ。
たぶん、熱帯夜がセミたちに、今が昼なのか夜なのかわからなくさせるのだろう。
一般にセミは気温が24度から26度の環境下で鳴く傾向にあるという。
学者たちは、このような現象は10年前くらいから現れて、特にここ数年顕著になったと、説明する。
結局、昆虫も人間と同じで、暑すぎるのが苦手ということだね。
ゴキブリだって、暑くて巣に隠れて、私の前に現れない。
公園の蚊だって、草木の後ろに隠れて私の腕を刺さない。
セミだと、今年は私もその鳴き声を昼間あまり聞かない。
セミが夜中に鳴いているのか、いないのか、こんなことは私は知る由もない。
だって、私は正常、昼に活動して、夜はぐっすりだ。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app