孤独死

  •  
  • 374
  • 2
  • 3
  • Mandarin 
Jan 27, 2018 23:21
在日本随着平均寿命的增长,看护老人成为一个大社会问题。
看护老人设施短缺,即使新建设了设施,也没有人从事那里。
一方面,不少老人宁愿在家里生活也不愿去设施过日子,但家人的负担过重。
尤其是对于痴呆症的老人,家人忍不住看护的艰苦,甚至会发生杀死老人后自己也要死的事件。
在关于看护老年人有这样各种各样的问题中,我们有时候听到有一个词汇“孤独死”日语里的“kodokushi”。
这指以某些理由,生活在一个人,没有家人或者医疗有关人员的守候,而死去的状态。
每当发生这种事件,都被媒体大大地报道了其情况。
大家得知这个事件后,都说真可怜,然后要求市政府为了防止而施行对策。
但我却不这么想,老年人在医院被插上着管维持生命,这样可不可以说老年感觉幸福?
我是想说人有各种各样的死,因此有人随便同情那个人在不幸中而死了,这样对死者反而没有礼貌。
顺便一提,关于“死”,有一位著名脑医学博士说过,人类的脑子里有一个只在死去的时候,才能作用的部分。
以此死去时不感觉痛苦,却感觉很幸福安乐。
孤独死
日本では平均寿命が延びるにつれて、老人介護が大きな社会問題となっている。
介護老人ホームは数が不足し、新たにホームを建設したとしてもそこで働く人がいない。
一方で、多くの老人たちは施設で暮らすより、自宅で生活したいと思う。しかし、家族には負担が重い。
とりわけ、認知症を患っている老人については、家族は介護のつらさに耐えられず、老人を殺して自分も死のうとする事件すら発生する。
介護に関してはこのようないろいろな問題がある中で、私たちは時に「孤独死」と言う言葉を耳にする。
これは、何らかの理由で一人で生活していて、家族や医療関係者に看取られることがないままに死んでいく状態を言う。
毎回、このような事件が発生するたびに、メディアはその状況を大々的に報じる。
皆はその事件を知って、気の毒に思い、そして自治体に防止対策を要求する。
しかし、私はそうは思わない。老人が病院でチューブを挿入されて生きている状態は老人にとって幸せといえるのかどうか。
私は、人にはいろいろな死があって、勝手にあの人は不幸な死に方をしたと同情するのはかえって失礼ではないかと言いたいのだ。
ついでに一言、「死」について、ある著名な脳医学博士が語っていた。
人類の脳には、死ぬときだけ作用する部分がある。
これによって、死ぬ時苦しみを感じなくて、安らかに幸せに死んでいけるのだと。