Green,Green Grass of Home

  •  
  • 392
  • 6
  • 4
  • Mandarin 
Apr 16, 2017 23:23
曾经我很喜欢一首名叫《Green,Green Grass of Home》的美国民歌。
我经常一边打扫,一边哼着它。
这首歌,翻译成日语的歌词会表达有一个男人生活在大城市,在城市的生活疲劳不堪,从大城市回到怀念的故乡的感情,这让我感到有些相通我的经历,所以吸引我的共鸣。
而且又好听又轻快的节奏也很有魅力。
但后来我知道这首歌词表达一个将要被处以死刑的男人的心情。
我重新读一次,然后又吓得发抖又伤心得不得了,以后我再也不能唱这首歌了。
顺便一提,有一天,有人犯了无法挽救的过失后被抓住了,然后被宣判死刑。
最近在日本也有一个女人在裁判被宣了死刑。
即使那个女人是人面兽心,还是也会有人的心吧。
她以后会一刻也安宁不了,就得把有限的时间都在坐牢生活下去。
我心里不禁同情她。
但我朋友听到我这话,责备我而说:“你想过受害那样人的苦恼吗?”
『思い出のグリーングラス』
かつて私は『思い出のグリーングラス』という題名のアメリカのフォークソングが大好きだった。
いつも掃除機をかけながら、口ずさんだものだ。
この歌の、日本語に翻訳された歌詞は、ある都会に住んでいた男が都会での生活に疲れ果てて、なつかしい故郷に戻った気持ちを表したもので、私の境遇に相通じるものが感じられて、私は共感を覚えた。
そして、そのきれいな軽快なメロディーはとても魅力的だ。
ところが、後に私はこの歌詞は、やがて死刑を執行される男の心情を詠んだものだと知った。
私は改めて歌詞を一読すると、恐ろしくて体が震えて、そして悲しくてたまらなかった。それからはこの歌を歌えなくなった。
ところで、ある時人は取り返しのつかない過ちを犯して、捕まって死刑を宣告される。
最近でも日本では一人の女性が裁判によって死刑が宣告された。
たとえ、その女が人の面をかぶった獣だとしても、やはり人の心を持っているだろう。
彼女はこれからは片時も安らぎを得ることなく、限られた時間を牢獄で生きていかねばならないのだ。
私は同情を禁じ得ない。
しかし、私の友達は私のこの話を聞いて、私を批判して言うのだ。「あなたは被害者たちの苦しみを考えたことがあるのかな?」