ライトまつり(リヨン)

  •  
  • 72
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Oct 15, 2018 10:24
ライトまつりは、リヨンでじゅうにがつなのかからとおかからおこなわれるこうれいのまつり。まつりは、せんななひゃくよnじゅうさん(1743)でさくせいされました。とうしょは、しゅうきょうてきおいわい。ひとは、ときにかのじょはペストのリヨンをまぬかれる、聖人マリアにけいいをはらうために、それをいわった。じかんをかけて、まつりがひかりのイルミネーションにしぼったあまりしゅうきょうになりました。ただし、ひとつのことは、もとのまつりからのこっています。じゅうにがつようかのよるのまには、リヨンのしみんは、しないかくちのステンドグラスのキャンドルで、まどをかざる。きょうげんざいで、これらのよんぱく、さまざまなアーチストのライっとアップのなかにたてもの、とうり、まちのひろば、しないかくちのこうえんです。インタラクティブなインスタレーションや、しょうめいせつびや、よそくや、ライブショーや、とうりのイルミネーションや、さんかがたイベントなどがあります。かくさくひんは、リヨンのまほうとようしゃのないふにきをさくせいします。さいきんでは、ライトまつりはまいとし3に400まんひとをびょうがします。
The Festival of Lights is an annual festival that takes place from December 7th to December 10th in Lyon. The festival was originally created in 1743. Initially, it was a religious celebration. People celebrated it, to pay tribute to the Virgin Mary, when she spared Lyon of the plague. Over time, the festival has become less religious and more focused on light illuminations. Although, one thing has remained from the original festival. During the night of December 8th, the citizens of Lyon decorate their windows with candles in stained glass all over the city.
As of today, during those four nights, a variety of artists light up buildings, streets, towns squares, and parks all over the city. There are interactive installations, lighting installations, projections, live shows, street illuminations, participatory event and more. Each create a magical and unforgiving atmosphere in Lyon. Nowadays, the Festival of Lights draws three to four million people each year.