ハリーポッターと死の秘宝2

  •  
  • 1377
  • 14
  • 5
  • Japanese 
Aug 6, 2011 00:49
今日、「ハリーポッターと死の秘宝2」を見た。
ネットでチケットを買ったので、3割の価格で見られる。嬉しかった^^
3Dって、素晴らしかったね!
まるで吸魂鬼がすぐそばで漂うように感じた。
ハリーポッターはわたしと共に大きくなったのだ。
青春の思い出がいっぱい。
これのシリーズもいよいよ最終章になって、わたしもハリーと一緒に大人になった。
「ハリーポッターと賢者の石」の中のあのかわいい顔、なんか懐かしいなあ。
この前もよく考えたが、なぜハリーはヒーローとして、希望の星として、みんなに愛され、追随されたのだろうか?
その原因はただ彼の額の傷なのだろうか?
答えたはノーだ。
もちろんそれも原因の1つだが、彼の優れた品質が最も尊ぶすべきと思う。
この映画で、彼は自分が分霊箱として死亡の運命を知って、正々堂々とそれを直面した。
運命に負けず戦い続ける勇気に感心した。
ヴォルデモートに勝った後、彼はアルバス・ダンブルドアの世界一の魔杖に頼らず、それを壊れた。
真のホーローだね。
また、映画を見たとき、親子の愛、恋人の愛、友達の愛に感動された。
言葉にしなくても通じ合える、それは愛だろうなあ。
もしかしたら、作者J・K・ローリングがその小さな喫茶店でハリーポッターシリーズを書いたとき、自分の娘に言いたいのは、
愛と信念こそこの世界の究極の武器だろうと、
わたしは思った。