論文の訂正手伝いお願いしたいです

  •  
  • 509
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Jan 20, 2012 13:41
航空業界は燃料高やリーマン・ショック後の需要減、格安航空会社(LCC)の参入など、再編機運が高まっています。世界的にも航空自由化が広がっており、アジアのLCC最大手のエア・アジア・グループなど、海外の格安航空会社の日本への新規参入が相次いでいます。
要因としては規制緩和の進展や主要空港の滑走路が整備されてきたことが上げられます。大手航空会社の経営難による倒産・再編が世界中で相次ぐ中、格安航空会社はシェアを伸ばしており、国内空港でもLCC専用の旅客ターミナル設置を検討するなど、LCC誘致に動き出しています。
節約志向が高まり、機内食など大手航空会社が無料で提供するサービスが有料でも、一定の座席スペースや決まった時間に運航できるならば、低運賃を選ぶ消費者が増えています。

航空運輸業は公共性が高く、高い安全性を保つことが最優先課題ですが、これまで述べたような景気悪化による収益減少や航空自由化などの変化に対応するために、コスト削減、機材・路線の見直し、共同運航など他企業との提携といった努力が必要となっています。

私は旅行者にとして、将来旅行業で勤めさせたい社会人にとして、私感心するのは航空券の値段とサービスはこういう連合手段を通して消費者にどんな利益を与えられると考えています。

だからこの研究は国際航空会社の連合策略を紹介して、各航空会社は参加したら消費者に実際利益を与えますように、そして、この航空連合策略をもっと詳しい理解をしたいと思っています。