김형준's Home
 
 
 
 
Photo Album

 
 

109
Entries Written

252
Corrections made

196
Corrections received

28
Friends


Read more

Latest entries

김형준

ハングル正書法(4) With native lang

第4項:ハングルの子音と母音は24字とし、その順序と名前は下記のように決める。(後略) 子音の名前と順序は崔世珍の訓蒙字会から始めた。訓蒙字会の凡例でハングルの子音字と母音字の音を漢字を借りて表した。子音字の読み方は初音と終音に子音が置かれる方式で作られた。例えば、「ㄴ,ㄹ...
  •  
  • 10
  • 0
  • 0
  • Japanese 
Jan 18, 2019 21:21
김형준

ハングル正書法(3) With native lang

第2項:文章の各単語は分かち書きすることを原則とする。韓国語で単語を単位で分かち書きをするのは単語が独立的に使われる最初単位であるためだ。用言の語幹は語尾と結合しないと独立的に使うことができない。そのため、用言は語幹と語尾が結合した形態を単語として認める。一方、「ご飯を」で...
  •  
  • 9
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Jan 18, 2019 02:24
김형준

1月17日の日記 With native lang

今日脱色した。前髪が少し染まなかくて、もう一度脱色しようとする。アッシュグレイ色に染色したい。今日の日記はここで終!
  •  
  • 22
  • 3
  • 3
  • Japanese 
Jan 17, 2019 02:17
김형준

ハングル正書法(2) With native lang

いつも語法により形態素を明らかにして書くわけではない。暑という意味の用言の「덥다」は不規則活用をする。例えば、「덥다」は「덥고, 덥지, 더워, 더우며」のように活用する。もし、形態素を改めず「덥워, 덥우며」のように書くと、標準語をきちんと表せない。そのため、用言の不規則...
  •  
  • 28
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Jan 15, 2019 23:53
김형준

ハングル正書法(1) With native lang

総則の第1項:「ハングル正書法は標準語を音の出るとおり書き、語法にかなうことを原則にする」。標準語を音の出るとおり書くことは基本原則であり、語法にかわうように書くことが別の原則である。体言は助詞と結合し、用言は語幹と語尾で構成され、そのせいで音韻の変化が頻繁に起こるが、ハン...
  •  
  • 18
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Jan 14, 2019 23:27
Read more