Journal
 
 
Photo Album

kei's entry (1990)

Post an entry now!
kei

中国のボランティアにアメリカ人が思う(1) With native lang

現在、中国の都会では、街を歩く人をつかまえてどうやってボランティアになれるのかを聞くと、たくさんの人は頭を横に振るだろう。中国で5年間生活してきたアメリカ出身のデビッド・トさんは、記者に自分なりの意見を述べた。 “出る杭”になりたがらない。 私は、ある友達に“中国社会は...
  •  
  • 268
  • 5
  • 3
  • Japanese 
Sep 3, 2015 17:17
kei

ニュースを見た感想

①最近、中国でも、「平和ボケ」という言葉が出てきました。中国や日本は、政治が安定しているため、国民が安定な生活をしている。ところが、シリアの考古学者がテロ組織にとらわれ斬首されたニュースを見ると、「平和ボケ」の私もボケない。今の時代は、こんなに残忍なことがあるとは思わなかっ...
  •  
  • 172
  • 4
  • 2
  • Japanese 
Sep 3, 2015 15:37
kei

もう一つの記事があった。

アメリカ人の記者二人が中継中に銃殺されたニュースがあった。犯人の男は、警察に追われて自殺をしたという。男は、殺された二人の記者が勤務していたテレビ局の元従業員で、くびになったとき、上司に文句をつけようとしたが、外に追い出されたため、恨みを持ったという原因だった。 銃は、怖...
  •  
  • 198
  • 5
  • 2
  • Japanese 
Sep 2, 2015 16:27
kei

読売新聞の編集手帳に、このような記事が書かれている。

読売新聞の編集手帳に、このような記事が書かれている。大手旅行会社の男性社員が、学校が遠足に行くためのバスを手配し忘れて、困った挙句、生徒を装い自殺をほのめかす手紙を学校に届けて、遠足を中止してほしいという。学校側はすぐ生徒全員を集め、意思確認をしたが、問題ないと遠足に行くこ...
  •  
  • 230
  • 3
  • 2
  • Japanese 
Sep 2, 2015 15:53
kei

「細胞が喜んでいます。」

テレビ番組でゲストが食レポで「細胞が喜んでいます。」と言った。 「細胞が喜ぶ」って日本語の表現しかないですね。そのまま中国語に訳すと、「我的细胞很高兴?!」になりますが、変です。 なんか、命のないものでも主語になれるというのはなかなか、面白いですね。
  •  
  • 133
  • 10
  • 2
  • Japanese 
Sep 1, 2015 10:07
kei

今日も、中国に関する悪いニュースが放送された。

今朝、「ビビット」を見たのですが、また中国に関する悪いニュースが出てきました。またかよって思いました。中国で手抜き工事で床が陥落し、人が落ちたのを見て、ゲストたちが驚いたそうです。中国でも、いいニュースがいっぱいあるのに、なかなか放送しようとしないですね。 一方で、中国も...
  •  
  • 162
  • 3
  • 1
  • Japanese 
Sep 1, 2015 09:58
kei

魔都上海・現代編

上海のとある五つ星ホテルでバイトをしたことがある。ロンドンのランガムホテル(Langham Hotel)の傘下にあり、人民広場(People'Square、上海最大の繁華街)に立地するこのホテルは、宿泊するお客さんはほとんど外国人である。このため、ホテルの従業員たち...
  •  
  • 294
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Aug 31, 2015 20:00
kei

魔都上海の過去・租界編 With native lang

1886年、意気揚々な22歳アメリカ青年卜舫濟(Francis Lister Hawks Pott)さんは、ユニオン神学校(Union Theological Seminary in the city of New York)の卒業証書を抱えて、渡洋して上海にあるセントジョ...
  •  
  • 303
  • 3
  • 0
  • Japanese 
Aug 31, 2015 18:24
kei

「チャイナドリーム」(China Dream)とは何か? With native lang

「チャイナドリーム」(China Dream)とは何か? 「チャイナドリーム」は、中華民族の偉大な復興を実現させることである。歴史が証明してくれたように、個人の前途と運命は、国家や民族の前途と運命を繋いでいる。国家が良ければ、民族も良い、さらにみんなも良い、ということであ...
  •  
  • 587
  • 9
  • 2
  • Japanese 
Aug 31, 2015 16:16
kei

集団的自衛権に関して

集団的自衛権に反対する集会などがあったとニュースで聞いたのですが、それは、集団的自衛権が行使したら、日本は戦争に参加できるようになって、そうすると、徴兵されるのが嫌だから、反対ということでしょうか?そうだとしたら、私は日本の若者だったら、反対しますよ。戦争に行きたくないから...
  •  
  • 296
  • 5
  • 2
  • Japanese 
Aug 30, 2015 13:40
kei

新概念作文コンクール・優秀作品鑑賞 With native lang

テーマ:一枚の布を水をいれているコップに入れる。その布が水に浸かり、徐々に沈み広がるのを見て、作文してください。 〈コップ越しに人間観察〉 まず思いついたのは、人間性である。特に、中国人の下劣な根性である。魯迅先生はそれについてさんざん述べてきた。私には私なりの考え方を...
  •  
  • 357
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Aug 29, 2015 13:32
kei

中国の大学入試試験・国語「100」点作文鑑賞 With native lang

《憂鬱な色》 昔から、手紙は我が国の伝統である。遠隔地へ伝書鳩を輸送し、脚に通信文を入れた小さな筒を付けて放鳩するという歴史がある。長い歴史のなか、手紙は単に連絡方法の一つだけではなく、伝統文化である。これは、文学作品のなかにも現れる。 戦火に焼かれた国土を見て、遠方に...
  •  
  • 550
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Aug 28, 2015 18:55
kei

中国の大学入試試験・国語で、「0」点作文鑑賞。 With native lang

下の文章を読んで、作文を書いてください。 何万キロも飛んで、太平洋を横断することができる鳥がいる。そんな鳥に必要なのは、たった一段の木の枝である。飛行中、鳥は木の枝を口にくわえ、疲れたらその枝を水面上に置いて、枝の上に立ってすこし休んで、また飛ぶ。こうやって、結局鳥は...
  •  
  • 728
  • 9
  • 2
  • Japanese 
Aug 28, 2015 16:50
kei

出稼ぎの若者たち With native lang

上海にある日本料理店でバイトをしたことがある。店の従業員は地方から来た若者ばかりである。広東省、山西省、安徽省...その中に、まだ16歳(2000年生まれ)になっていない若い子もいる。 上海の料理屋やレストランに行くと、そこで働く従業員たちはほとんど地方出身の出稼ぎだ。そ...
  •  
  • 547
  • 1
  • 2
  • Japanese 
Aug 28, 2015 13:27
kei

留学にリスクはつきもの

大学卒業後、企業に就職しようと考えたが、失敗した。正社員ではない限り、就労ビザが下りないので、今の留学ビザが切れる前に国に帰らないといけない。国に帰ったら、日本にかかわることは少なくなるので、留学経験を生かせないともったいない気がする。 学校はなんとか頑張って卒業できたが...
  •  
  • 452
  • 3
  • 1
  • Japanese 
Aug 28, 2015 00:57
kei

和訳の添削・解説お願いします(8) With native lang

20世紀70年代から中国で一人っ子政策が始まって以来、初代目一人っ子が誕生した。30年間が経った今や、初代目一人っ子の親たちは高齢者になろうとしている。そのため、今の若い世代に四人の親と一人の子供を養うという圧力がかかってきて、重いと感じる人が多い。 「421家庭」は、一...
  •  
  • 610
  • 6
  • 3
  • Japanese 
Aug 27, 2015 23:39
kei

和訳の添削・解説お願いします(7) With native lang

中国では、タトゥーは長い歴史を持っている。しかし、長い間タトゥーは犯罪者、チンピラやヤクザを連想するので、白い目で見られてきた。過去十年間、中国でタトゥーがだんだん受け入れられたのは、上流階級やスポーツ選手たちからの影響だったからだ。タトゥーの流行は、自分らしさを求める若い...
  •  
  • 509
  • 9
  • 2
  • Japanese 
Aug 27, 2015 16:46
kei

そろそろ英語を頑張らないとやばいかな。

英語は10数年間も勉強してきたが、聞き取れないし、しゃべれない。日本に来てから、日本語の勉強に力を入れているから、英語はさらにやらなくなった。ところが、最近テレビで英語圏はもちろん、東南アジアや中東の人々も流暢な英語で話すことに気づきました。また、モンゴルから来た研修生たち...
  •  
  • 374
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Aug 26, 2015 19:30
kei

和訳の添削・解説お願いします(6) With native lang

『論語』にこのような物語がある。孔子は陳蔡あたりで七日間ご飯も食べられなくて困っている。そんなある日、彼の弟子である顔回が人からただで米をもらって炊こうとする。出来上がりそうなとき、顔回が手で鍋の中にあるご飯をとって食べるのを孔子に見られた。しかし、孔子は見て見ぬふりをした...
  •  
  • 464
  • 4
  • 1
  • Japanese 
Aug 26, 2015 15:06
kei

这句话怎么翻译成中文呢?

「教科書にも載るその不吉な木曜日が、ふと頭をかすめる向きもあったろうか。」这句话怎么翻译成中文呢?
  •  
  • 468
  • 3
  • 1
  • Japanese 
Aug 26, 2015 10:17