<「养殖球藻」培育方法> ①1周有1次交换水。

  •  
  • 39
  • 0
  • 1
  • Mandarin 
Nov 10, 2017 15:07

<「养殖球藻」培育方法> ①1周有1次交换水。要是水脏,或者水温变得高时也同样。(饮用水不要紧。石灰去掉等也没有必要) ②绿球藻对于寒冷很强,冬天结冰的湖底也生活着。因为反过来对于暑热弱,夏季时经常交换水吧。 ③ 绿球藻用人工的光充分地成长。请不要晒直射日光。 ④ 请别与金鱼等食草的生物一起培育。 ⑤1年约5mm 增长。伸长的藻类,请以手的干们很圆地整理形式。

<「養殖マリモ」の育て方> ① 1週間に1回程度、水を交換してください。水が汚れたり、水温が高くなったりした時も同様です。(水道水で大丈夫です。カルキ抜きなども必要ありません) ② マリモは寒さに強く、冬は凍った湖の底でも生息しています。逆に暑さには弱いので、夏場はこまめに水を取り替えてあげましょう。 ③ マリモは人工の光で十分に育ちます。直射日光は当たらないようにしてください。 ④ 金魚など草食性の生き物と一緒に育てないでください。 ⑤ 1年で約5mm ほど成長します。伸びてきた藻は、手のひらで丸く形を整えて下さい。



kotankorokamui(岛枭)是阿伊努语被认为叫「保护村的神」岛枭。岛枭被认为是kotan(村)的守护神,被阿伊努族的人们重要地对待。特在道东被认为是比起kimunkamui(棕熊)对阿寒湖的阿伊努村的位高贵的神,岛枭的纪念碑也能装饰。
>
> コタンコロカムイはアイヌ語で「村を守る神」とされシマフクロウを意味します。シマフクロウはコタン(村)の守り神とされ、アイヌの人々に大切に扱われてきました。特に道東ではキムンカムイ(ヒグマ)より位の高いカムイとされ、阿寒湖アイヌコタンにも、シマフクロウのモニュメントが飾られています。
>
> kimuikamui是阿伊努语被认为是「在山的神」,意思是棕熊。要说Camui「神」指向棕熊,只是那个通的那样,对北海道的阿伊努族民族来说棕熊被认为是重要的存在,与生活深深地结合了。 现在作为以木雕为首的美术品和民间工艺品,土特产品的主题,被许多人爱好。
>
> キムイカムイとはアイヌ語で「山にいる神」とされ、ヒグマを意味します。カムイ「神」といえばヒグマを指し、それだけで通じるほど、北海道のアイヌ民族にとってヒグマは大切な存在とされ、生活と深く結びついてきました。 現在では木彫をはじめとする美術品や民芸品、お土産品のモチーフとして、多くの人々に親しまれています。