ロンドンには色々な名前が面白くて日本食を売っているお店がある。

  •  
  • 65
  • 1
  • 5
  • Japanese 
Nov 1, 2017 22:53
ロンドンには色々な名前が面白くて日本食を売っているお店がある。聞いたことがあるのは「わさび」、「いつ」、「わがまま」、「ちょっとまって」、「みさと」、「太郎」と言うお店。それに、外国人でとても人気で多くのは日本人が作った日本食じゃないチェーンストア。例えば、わがままには行ったことがないけれど、中国人が経営しているんだって。わさびも外国人で人気で常に人が多くて賑やかなお店。お店は日本人からすると、美味しくて変な日本食があるかもしれない!みさとは「チキンカツカレーうどん」と言う美味しい食べ物を売っていてまさに、チキンカツとカレーうどんを合体している食べ物!ラーメンに似ていてナルトまで乗せられている!わさびは「サーモン照り焼き丼」と言う食べ物があって丼の上に照り焼きしたサーモンが甘いソースで覆われている。おそらく、ロンドンでは日本人が作る日本食の方が高いと思うけれど、気が向いたらぜひ、レストランに行ってみて!
There are quite a number of interesting “Japanese” restaurants in London that have funny names. I few I know of and have heard of include 「わさび」、「いつ」、「わがまま」、「ちょっとまって」、「みさと」and「太郎」. Apart from having funny names, they are quite popular with foreign people although some places are chain stores so the food there is not made by Japanese people. For example, I heard that わがまま is run by a Chinese person although I’ve never been there. わさび is quite popular amongst foreigners and the shops are always bustling with people. What may be even more strange is the so called Japanese food they serve which might be seen as weird to Japanese people. For example, in みさと they sell a delicious dish called 「チキンカツカレーうどん」 which is exactly as it sounds. It looks like ラーメン and even has ナルト! わさび sells 「サーモン照り焼き丼」 which is served with salmon chunks in a sweet sauce on top of rice. I would say real Japanese food in London is more expensive but if you feel up for it then check out one of these restaurants!