rakugo

  •  
  • 462
  • 4
  • 2
  • Japanese 
Dec 5, 2011 18:49
落語は現在まで伝承されている日本の伝統的な芸術の一種であります。観客のために笑いを与えるように芸術です。
落語は一五00-一六00年ごろに、お坊さんや学者などが、 織田信長や豊臣秀吉などの戦国大名に面白い語をしたのが始まりと言われています。
穢土時代(一六0三~一八六八年)になると、京都、江戸(今の京都)、大阪で、道に立って人々に語をするが出ていますた。江戸時代の終わりごろ、落語を聞くことができる場所「寄席」ができて、たくさんの人が落語を聞くに来るようになりますた。今も、大阪と京都に寄席があります。
落語を演奏する人は「落語家」です、「噺家」とも言います。
落語の結構は三つの部で、導入、内容、と結末があります。特徴はおかしい言葉で終わって、観客に驚かせることです。
観客はおかしい要素の言葉ばかりでなく、落語家の演出も楽します。落語家は(chỉ ngồi một chỗ),でも観客は芸術家が行って、運動して、空で飛んでいるのような感じします。落語家は、その人たちの言葉を全部一人で言います。語がとても面白いので、観客は大笑いします。
落語家は着物を着て、扇子と手拭をもって「講座(舞台)」に上がります。扇子は、橋や刀や筆や櫂などになります。手拭は、本や手紙などになります。
今、落語には,男や女、おじいさん、おばあさんなどいろいろな人が出てきます。すべての日本人を一般化します。寄席のばかりでなく大学の舞台や伝統的な御食事どころで演奏されます。
二年前、日本人の落語家が3人はベトナムへ行きました。ハノイのキンマ劇場で英語で落語を演奏しました。ベトナム人も落語に関心があるそうです。
私は直接に見なくても、インタネットやテレビを通して落語を見ましたが、落語は面白くて、特別な芸術だと感じています。落語家のお笑い語るの才能に尊敬の念を抱きます。チャンスがあったら、一度でも是非落語を見たいです。