ビジネスメールの敬称について

  •  
  • 7477
  • 3
  • 2
  • Japanese 
Jun 21, 2011 22:49 ビジネスメールの敬称について
「役職名の後に、「殿」や「様」はつけるべきか、つけないべきか?」

 ビジネスメールでは、「○○部長様」や「○○課長殿」のような敬称の使い方をする人をよく見かけます。でもでも、この敬称の使い方は、「二重敬称」になるため、「一般的に」誤りであるとされています。役職名自体が敬称を含んでいるととらえ、「○○部長」や「○○課長」と、役職名のみで表現するか、「部長 ○○様」などと役職名を名前の前に持ってきて、「様」をつけるといった表現するのが正しいと言われています。

 また、「~殿」は、戦国時代や江戸時代での「殿様」などを思い浮かべて、いかにも偉そうなイメージでとらえている方がいらっしゃるかもしれませんが、現代では、「~殿」は、目上の人から目下の人に対して使う敬称とされているため、使う場合は注意が必要です。

 特に、役職がない目上の人に対して「殿」を使う場合は要注意です。新人さんが、目上の人や上司に対して「~殿」と使うことは、その方を「格下」とみているということです。実際には、格下とみていなくても、「一般的な常識」を持っている上司であれば、気分を悪くされる方もいるかもしれません。

 これが正しい使い方なのかどうかはともかく、こまちさんは、以下のような使い分けをしています。

 ・役職がある方:役職名のみ
 ・役職がない方:目上の人は「様」、親しい間柄の人は「さん」
 ・「殿」は「まろ殿」と呼んでもらいたいときに、相手につけてもらう

 しかし、部門の後の敬称はどうする。私もわからないから、教えてください~