日本の過労問題

  •  
  • 97
  • 0
  • 10
  • Japanese 
Dec 5, 2018 13:31
日本では、一つの非常に大事な問題は過労死だ。過労死というのは会社員が長時間残業した後に、ストレスとか睡眠不足とか問題のくせに、死んでしまうのことだ。この問題の原因はとても複雑だけど、ある理由を紹介したい。
第一目の理由は、第二次世界大戦の後で会社と会社員関係の根拠は忠誠で、従業員は毎日頑張ると、終身雇用は保証される。でも1997年と2008年の財政破綻の後に、会社は従業員を見方が変わって、今従業員に終身雇用を保証する責任がないと思われる傾向がある。結果は今まで日本人は会社を支えたくて、仕事は一番必要なことと思われるから、残業できると感じる。
第二目の理由は、お金を貯めて、オートメーションのくせに、会社は雇用するフルタイム従業員はますます少なくなった。だから従業員は仕事のために競争して、会社に自分の価値を裏付けなければならないから、過労する。残業しない人にとって、会社で進めにくくなる。  さらに、たくさんの従業員は会社が家だと思って、会社に忠実で、ある会社はこの感じを悪用する。だから、日本での若者は選択肢がないと感じて、諦めると生活なくなると感じて、長時間労働して、健康に非常に悪い影響を与える。
この労働する文化のせいで日本の従業員には体調や精神衛生や社交を度外視する傾向が見られる。2017年190人は過労のくせに死んでしまった(この数字は心臓発作、脳卒中、自殺、睡眠不足などを含める) 。二つの実例をあげたい。2013年に佐戸未和というNHK記者は31歳に心不全のせいで死んでしまった。先月に159時間残業して、NHKは最近死去の原因は過労死と報告した。  2015年クリスマスに24歳の高橋まつりという広告会社の電通の従業員は105時間残業した後で、飛び降り自殺した。  最後には、和哉さんが大手通信企業で二年ぐらい務めて、家族によるとある時に徹夜で翌日の夜10時まで連続勤務した。2017年に27歳の克哉さんは薬を飲みすぎで自殺した。  日本の厚生労働省のデータによると、日本では約23%の会社で従業員は毎月の残業が80時間を超える。  さらに、12%の企業で、100時間以上残業する従業員がいるそうだ。
この問題が社会にも影響を与える。ある専門家によると、減少中の出生率に役割がある。1995年から2008年まで非正規雇用は760万増加して、同じ時間に正規雇用は380万減少した。非正規雇用の給料は正規雇用の給料の70%だから、正規雇用の従業員になるために残業する。結果は、56%三十代の正規雇用従業員は結婚して、30%三十代の非正規雇用従業員は結婚している。  政府はこの問題が認められて、会社を変わるように励まられたけど、今まで会社の非正規雇用文化があまり変わらなかった。
他の残業文化と繋がっている問題は低い生産性割合だ。1997年の財政危機の後では、日本の生産性割合は非常に低くて、2003年から2016年まで10%以上減少した。  一つの理由は残業文化を生産性文化に替えたことだ。上司の前に事務所を出てはダメで、同士の前に出るのは丁寧じゃないという文化がある。さらに、残業することはいいことであるという考え方があって、簡単な勤めをする時に長時間かかって、無駄をする。  連続勤務はコンビニがシャツを家に帰る時がない従業員のために売れるほど共通だ。
だから、この問題の解決は何か?今色々な会社は自分の方法を実行している。ある会社は毎月の最終水曜日に残業した従業員を紫色のケープを着させる方法を実行した後に、残業する時間は50%減少した。  三つの会社で5時に音楽を聞いて、特別にスーパーが閉まる時に聞く歌を使う。  さらに、ある会社は他の企業でアドバイスをあげて、勤務文化を変わって、残業時間を減少してあげる。  
政府も手伝ってみていて、企業に毎月最終金曜日に従業員を午後3時に帰らさせる考えを導入するように促している。  東京部のある役所は毎日午後7時に電気を消す手段を実行している。 一つ政府はこの問題を調べた解決手段は従業員は働く時間を限定することだ。下書きでの残業時間は毎年720時間までに制限して、残業時間は毎月60時間だけど、繁忙期に従業員の時間残業が100時間してもいいと述べた。  だけど、この提案した法改正は過労死の警戒ラインを大きく超えることだ。この法改正は残業時間を制限するの第一回だけど、あまり厳しくなくて、従業員の健康に本当に悪い影響を与えると考えられた。2018年6月にこの法改正が法律になれたけど、最後に毎月の残業時間を100時間以下制限するように変わった。  たくさんの日本人はこの法律に反対して、従業員の残業時間を制限するけど仕事量を制限しないと、なにも変わらないと思われる。さらに、過労死のせいで死んでしまった人の家族が集まって、この法律にの反対を政府に述べた。集まった時に、話したことは“これがあなたを追い詰めた日本の姿だよ”。  
しかし、過労死と過労文化を防ぐために、政府は色々な解決を調べている。例えば、従業員はよく過労する会社を罰したり、過労すぎる会社員を手伝うプログラムを有用したりするのについて考えている。でもこの問題を解決するために、もっと大きな改革を実行しなきゃいけない。従業員の仕事量を制限したり、会議の回数を減少したり、性能の良さにとって引き上げたり、生産性を促したりする手段を実行するを通して、過労死と過労を防ぐことができる。