物語

  •  
  • 164
  • 11
  • 2
  • Japanese 
Apr 26, 2019 18:50
物語

少し太っている女の子は彼に告白した。
彼は女の子がちょっと太って、友達の前に面目なさと思って、もし一週間内に痩せられるのなら受けるわと、女の子に言った。
すると、一週間後二度目に女の子を見ると、彼女は本当に痩せて、美人になった。
彼は喜んで彼女の告白を受けた。
ある日、彼は風邪をひいて病院に行った。
そこで骨ばっかりになった人を見ていた。
しかし、あの人のお腹はバスケットボールのように大きかった。
医者はあの人をベッドで前へ進んだ。
「どうしたの?」彼は看護師に聞いた。
「ダイエット薬を飲んでこんなふうになったよ。この薬を飲んだら一週間ほど痩せられて、それにいくら食べても太らないと言う珍しい効果がある。ところが全て寄生虫のせいだ。この薬を飲んだ人は食量がだんだん大きくなって、控えられなくなる状態になって、最後に体が弱くなり寄生虫に食われる末路だ。」
彼は急に彼女を思い出した。
何で彼女は一週間のうちに痩せた?この薬を飲んだのか。
でもなかなか元気そうだな。
結局彼は心配で彼女の家に行った。
彼女の家に入ると、異常はなさそうだった。
彼は彼女が入れたお茶を飲みながら自分の疑問を言い出した:「君はどうやって一週間の時間で痩せたの?」
彼女はせせら笑いしながら言った:「なんでって?ダイエット薬を飲んだもの。」
彼は顔を白くなり、何かを言おうとした時、目の前が黒くて気を失った。
ひとしきり、彼は目覚めた。
綺麗な彼女が目の前に立っていた:「あら、目覚めたの。ご飯の時間だよ。」
「お前・・・」手を縛られた彼はとても怖かった。
彼女は彼の後ろに行き:「妹よ、この男は君をダイエットと要求した人だよ。きっとお腹すいただろ、さあ、食べよう。」
そう言った彼女はベッドに縛られた骨と皮でお腹がバスケットボールみたいな人を解いた。
妹は興奮した目で彼をじっと見て、歪んだ顔をし、口を不思議な大きさで開けて彼の首に飛びかかった。
故事

有点胖的女孩向他表白。
他觉得女孩有点胖,这会让他在朋友面前没面子,于是对女孩说如果她能在一周之内瘦下来就答应她的表白。
一周后再见到女孩,她真的瘦了下来,变成了美女。
他高兴地接受了她的表白。
有一天他感冒了去了医院。
然后看到了一个骨瘦如柴的人。
但是,那人的肚子却像篮球一样大。
医生正用可移动的床推着他前进。
“他怎么了?”他问护士。
“是因为吃了一种减肥药呢!吃了那种减肥药以后就能在一星期内瘦下来,并且吃多少都不会胖。然而这都是因为体内长了寄生虫。吃了这种药以后食量会越来越大,无法控制,最后身体变衰弱然后被寄生虫反噬。”
他突然想到了他的女朋友。
为什么她一星期就瘦了?是吃了这个药吗?
但是她看起来很有活力啊。
最后他不放心,还是去了女朋友家。
进到她家以后,似乎没什么异常。
他一边喝着她泡的茶一边说出了他的疑惑:“为什么你一星期就瘦下来了?”
她冷笑道:“为什么?因为吃了减肥药呀。”
他脸色苍白,正要说什么的时候,两眼一黑晕了过去。
过了一会儿,他醒了过来。
漂亮的她站在他面前:“哟,醒了?吃饭时间到咯。”
“你……”他被绑住了双手,非常害怕。
她走到他身后:“妹妹啊,这就是叫你减肥的男人。你一定饿坏了吧,快吃吧。”
说着,她便解开了被束缚在床上的骨瘦如柴却又肚子大如篮球的人。
妹妹双眼闪着兴奋的光芒,紧紧地盯着他,面容扭曲,嘴巴张大到不可思议的弧度,朝他的脖子扑去。