中日関係のゆくえ

  •  
  • 390
  • 4
  • 2
  • Japanese 
Jun 8, 2015 13:41
中日関係のゆくえ
日本と中国は、2000年を超える交流史がある。ここ数年、中日関係に起伏が生じている。われわれの気持ちも起伏している。今の中日関係は依然として安定ではない。この原因は多方面だと思う。一方は経済のグローバル化と中国の経済の速い発展から、中日両国の付き合いはますます密接になる。中日両国の貿易往来が頻繁であるし、相補性も強い。そして、日本は中国の広範な市場と原料と労働力が必要だ。中国も日本の先進の技術と市場と資金が必要だ。ところで、政治の方面の問題は大変複雑にしている。歴史の問題の他、最近、釣魚島紛争も両国の関係を膠着状態に変わっている。
平和は時代のテーマである。だから、我々は中日関係の緊張感を緩和させ、両国の交流と協力が強められる。つまり、和すれば双方の利益になり、戦えば双方が傷つく。われわれは正しくて発展の目で中日問題を観察しなければならない。ずっと友達ではないし、ずっと敵でもないし、ずっと利益だけがある。平等で、互いに利益がある。
 平和、友好が両国国民の共通な願いであり。青年として、私たちはもちろん理性に中日関係を考えなければならない。中日両国の理解と交流を深めるために、自分の力を捧げようと思う。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app