My history Episode 6 The transference

  •  
  • 328
  • 0
  • 2
  • English 
Mar 18, 2010 18:59
転勤
The transference

誰もが、知らない土地で生活するのに、希望と不安を持ちます。
Anybodies have hopes and fears in them life away.

私は東京の北200kmの宇都宮市で、二年間過ごしました。
I had been staying in Utsunomiya city for 2 years.
Which is 200km north of Tokyo.

宇都宮市は、歴史もない、文化もない、特産品もない。退屈でした。
Utsunomiya City does not have a history, a culture, a sightseeing spot, well-know product. It was very boring.

鬼怒川(きぬがわ)流域に、沢山の工場や世界的に有名な工場があります。例えば、本田、日産、キャノン、東京製鉄 その他。
There are a lot of large factory and world famous plants in area of the Kinu river, for example Honda, Nissan, Canon, Tokyo-steel etc.

主に東京方面へ製品を出荷していました。
They were shipping their products for Tokyo.

気候は、内陸性気候で、夏は熱く。冬は寒い。
It was inland climate, too hot in summer, too cold in winter.

そこでの、私の仕事は、食品工場の品質管理でした。
Then my job was products quality control in the food factory.

私は健康を取り戻し
My health improved.

借金を返済しました。
I succeeded in paying off my debt.

しかし、宇都宮市での2年の生活は、本当に楽しい生活ではありませんでした。
But I had not been happy in Utsunomiya city for 2 years.

それは、私が人生の目標を持ってなかったからだと思います。
I guess I did not have my goal in my life at that time.

私は、一人でラジオの宇多田ヒカルの歌を聞いていた。
I remember. I listened to the Utada hikaru’s songs on the radio alone.

私は、仕事をやめて、故郷に帰ることを決断した。
I had decided to go back my hometown after quit my job.

続く
To be continued.