空想的な文章ーしくしく

  •  
  • 475
  • 8
  • 6
  • Japanese 
Mar 1, 2016 23:42
彼女がほこりっぽい箱を見つけることは偶然だった。

ラベルがあらなかったが、彼女は何が箱の中にあるかと知っていた。箱を開けなければいいもと知っていた。

彼女は一番上の棚から箱を下に取って、机に優しく乗せて、袖にほこりをぬぐった。テープで硬く縛り上げれた箱をじろじろ見た。ためらった後、早く覗き見することを決めた。

大切にはさみに滑らせて箱をわたった。何を感じるかと分からなかったけど、ぜひ幸せじゃなかった。鈍痛があった。

箱は少ししかあけなかったが、彼女は急な思い出の流れに圧倒された。彼に出会ったことを思い出した。彼と一晩中話したことを思い出した。彼らは何年か多くの約束を交換したことを思い出した。彼女が彼を幸せにしないと彼は言った時を思い出した。

彼女は強く閉めた。「私はなぜそれを保存していたか?」。箱を押しつぶしたり千切ったり火をつけたりしたかった。

箱を上の棚に突っ込んで戻した。通まだあった。
彼女がほこりっぽい箱を見つけることは偶然だった。
Stumbling upon the dusty box was an accident.

ラベルがあらなかったが、彼女は何が箱の中にあるかと知っていた。箱を開けなければいいもと知っていた。
Even though it had no label, she knew what was inside. She also knew that she shouldn't open the box.

彼女は一番上の棚から箱を下に取って、机に優しく乗せて、袖にほこりをぬぐった。テープで硬く縛り上げれた箱をじろじろ見た。ためらった後、早く覗き見することを決めた。
She pulled it down from the highest shelf, placed it gently on her desk, and wiped the dust away with her sleeve. She stared at the box, bound tightly with tape. After hesitation, she decided to take a quick peek.

大切にはさみに滑らせて箱をわたった。何を感じるかと分からなかったけど、ぜひ幸せじゃなかった。鈍痛があった。
She carefully slid the scissors across the box. She wasn't sure what she was feeling, but it was certainly not happiness. There was a dull pain.

箱は少ししかあけなかったが、彼女は急な思い出の流れに圧倒された。彼に出会ったことを思い出した。彼と一晩中話したことを思い出した。彼らは何年か多くの約束を交換したことを思い出した。彼女が彼を幸せにしないと彼は言った時を思い出した。
She opened the box only a little, but she was overwhelmed by the sudden flow of memories. She remembered meeting him. She remembered talking to him all night long. She remembered the numerous promises they made over the years. She remembered when he told her that she didn't make him happy.

彼女は強く閉めた。「私はなぜそれを保存していたか?」。箱を押しつぶしたり千切ったり火をつけたりしたかった。
She closed it shut with force. "Why have I kept this?" She wanted to crush it, to tear it to pieces, to set it on fire.

箱を上の棚に突っ込んで戻した。通まだあった。
She shoved the box back on the shelf. The pain was still there.