空想的な文章ーさくさく

  •  
  • 538
  • 13
  • 12
  • Japanese 
Nov 28, 2015 21:36
その日も、雪が降っていた。どうして新しく降った雪をさくさくと踏むのが私に平和に感じさせたのだろうかと思っていたのをありあり思い出す。

私はここに引っ越す前、この特定な音が大好きだった。雪のリズムだ。なだめるような拍動のようだ。純粋さと青春を考えさせた。その時から私の小さな部分がじょじょ変わってきた。

今は、雪を見ると、死だけがしのばれる。
その日も、雪が降っていた。
It was snowing that day as well.

どうして新しく降った雪をさくさくと踏むのが私に平和に感じさせたのだろうかと思っていたのをありあり思い出す。
I distinctly remember wondering why it was that crunching in the newly fallen snow made me feel so peaceful.

私はここに引っ越す前、この特定な音が大好きだった。
Before I moved here, I loved this particular sound.

雪のリズムだ。なだめるような拍動のようだ。
The rhythm of snow. Like a soothing pulse.

純粋さと青春を考えさせた。
It made me think of purity and youth.

その時から私の小さな部分がじょじょ変わってきた。
A small part of me has gradually come to change since then.

今は、雪を見ると、死だけがしのばれる。
Now, when I see snow, only death comes to mind.
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app