Lu

  •  
  • 2328
  • 17
  • 9
  • Mandarin 
Mar 29, 2016 22:14
老天爷,

我杀了我心爱的狗,Lu。
外界大家说是安乐死,然而Lu并不表示它想死,那样情况我不知道它的死是否安乐死? 关于Lu,我去年九月我报过了。去年10月上旬我回到东京了。10月下旬在上海的老婆联系我问,她想去东京,可不可以杀Lu。我说,“不可能!”、就马上回去上海照顾Lu。确实Lu已经不能看,不能听,如果我不把食物拿到它的鼻尖,它不能找到了。它那么老化了。所以我们不能请别人照顾它。我老婆在11月下旬从东京回到上海。在1月,日本新年,我打算了回东京。我出发预定日期的几天前,老婆又说她想回东京参加新年会。我生气了,跟她吵架了很厉害。居然我留在上海,她又去回去东京了。有时我网友问了我,我在上海做什么。我觉得有点儿不好回答我只照管狗。Lu已经不容易走到它的厕所地方,没有人在家,它房间里哪也小便了。这两年左右,我在上海时,每天只能离家几个小时。回到东京的老婆送给我二手公寓的消息。她好像常常回东京移动我们的生活据点到东京。还我们在上海房子的房东告诉我们出租期间到4月10号以后不能延长。我们找别的出租公寓,但老婆在考虑一下说了我们不充裕租房子,取消了找房子。这是我们要离开Lu的意思一样的。5年前Lu从东京到上海来的时候,它身体好当然通过动物检疫开始住在上海了。但是,以后我们没有登记,没有受狂犬病预防针了(它总是对狂犬病预防针有过敏反应)。我觉得非常悲痛。在三月我们
开始准备搬家到东京。那天的前一天,我跟Lu平时一样散步了。它一直看地面,一步一步确认走了。我它的晚饭和那天早饭我做给它,看上去它很好吃完了。然后,傍午兽医来Lu就去了。对我的无力,我觉得太可耻又悲痛。20年左右我跟它一起住了。好像我心里突然裂开很大的坑洞我不能填埋。 Lu不见了,一下子我感觉累得受不了。在上海如果大家知道我是日本人,手下留情了用简单的词慢慢儿说,我才能听得懂,要不他们通常的话我几乎听不懂不能参加会话。60多岁的老人住在几年那样的地方,状况,我看这是Lu一起在才可能的。我感觉了什么时候Lu都在我旁边,时间过了很慢,很平安。
我不知道以后还活多少年,我去你那里我想在跟Lu一起散步。

老天爷,到那时请照顾Lu !
神様、

 愛犬のルーを殺してしまいました。
世間では安楽死と言いますが、ルーが殺してくれと頼んだわけでもありませんし、
そんなものが安楽死と言えるのでしょうか?ルーのことは去年の9月に報告したことがあります。私は10月の初めに東京に戻りました。10月末に上海にいる妻から、東京に行きたいがルーを安楽死させていいか、と連絡がありました。私は「冗談じゃない!」と、すぐルーの面倒をみるために上海に行きました。確かに、ルーはもう目も見えず、耳も聞こえず、食べ物も鼻の先まで持っていかないとどこにあるかわからないほど老化していました。だから、面倒をみてくれるように頼める人もいなくなりました。妻は11月下旬に東京から上海に戻って来ました。私は今年の1月、日本の新年に東京に戻る予定でした。直前に、また妻が東京で新年会があるので帰りたいと言い、私達は大喧嘩をしました。結局、私はそのまま上海に残りました。私はときどき、あなたは上海で何をしているのだとネットの友達に聞かれることがありました。犬の面倒をみているだけだ、とは答えにくかったです。ルーはトイレと決めている場所に自分で行くのも難しく、一人にしておくと部屋中におしっこをしてしまいます。だから、私はここ2年ほどは上海にいても毎日数時間しか部屋から離れることができませんでした。東京に戻った妻から中古マンションの情報が送られてくるようになりました。どうも生活の拠点を東京に移すためにたびたび東京に行っていたようです。さらに上海のマンションの家主からは4月10日以降は賃貸の延長はできない、という知らせがありました。私たちは代わりのマンションを探しましたが、妻は少し考え、もう私達にはそんな余裕はない、と探すのをやめてしまいました。それはルーと別れなければいけないことを意味しました。ルーは5年前に東京から上海に来たときは、元気で、もちろん、ちゃんと税関の動物検疫を通って住むようになったのです。でも、その後は登録もせず、狂犬病の予防接種も受けていませんでした。なんだか、すごく悲しくなりました。3月、私達は上海から東京に引っ越す準備を始めました。あの日の前日も私はルーと散歩をしました。いつものとおり、ルーは下を見たまま、一歩一歩確認するように歩きました。夕食も、その日の朝食も私が作り、ルーはおいしそうに残さず食べました。そして、昼前に獣医が来て、ルーはそのまま向こうに行ってしまいました、私は無力な自分が情けなくなりました。20年ちかく、いつも一緒だったのに。なんだか、心の中に埋めることのできない大きな穴がぽっかりと開いてしまった感じです。
私はルーがいなくなり、どっと疲れを感じました。上海にいても、日本人だからと手加減して簡単な言葉でゆっくり話してくれればわかりますが、普通に話されたらまったく会話についていけませんでした。そんなところに60代半ばの老人が何年もいれたのは、やっぱりルーがいてくれたからだと思います。ルーといると時間がゆっくり、おだやかに流れる感じがしました。

私はこの先、あと何年生きるかわかりませんが、向こうに行ったら、またルーとのんびり散歩をしたいと思っています。

神様、どうかそれまでルーのことをよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Daer God,

I killed my dog.
People call it euthanasia, but Lu didn’t say she wished to die, can we call such a death euthanasia ? Last September, I reported about Lu. Early October I was back to Tokyo. Late October, I got a contact from wife in Shanghai, she said she wanted to come to Tokyo and asked if it’s ok to put Lu to sleep. I said,” Impossible!” and quickly flew back to Shanghai to take care of Lu. Actually, Lu became old, who couldn’t see, couldn’t hear,and couldn’t find food until I put it near her nose. So, we couldn’t find a person who wanted to help us take care of Lu when we were out. Late November, my wife returned from Tokyo. I had a plan to be back to Tokyo in January(New Year days). A few days before my departure date, my wife again told me that she would like to go to Tokyo to have a New Year Party. This made me angry and we had a big quarrel. The result was I kept staying in Shanghai. Sometimes, my internet friends asked me what I was doing in Shanghai. Each time I felt a bit ashamed to answer that I was there only to take care of Lu. For Lu, it was not easy to get to her toilet place, and when she was alone, she did it anywhere in the room. So, for around 2 years when I was in Shanghai, I could leave my apartment only for a few hours. Soon I received information about used apartment
house. It seems that she often went there to fix the living place to Tokyo. The owner of the apartment in Shanghai informed that we couldn’t rent after April 10th. First, we
tried to find another apartment in Shanghai, but my wife said we couldn’t afford to
stay there and stopped searching. That meant that we no longer could live with Lu.
Five years ago, when Lu came to Shanghai, she was fine and of course, passed through quarantine, and started to live in Shanghai. But afterwards, we didn’t register and she didn’t have hydrophobia vaccination. I felt very sad. In March, we started to prepare for moving, from Shanghai to Tokyo. The day before, I took a walk with Lu. Lu, as usual, kept watching downward and walked step by step to confirm her foot. I prepared her supper and breakfast on the day. It seemed that Lu liked it very much and ate it clearly. And the veterinary came before lunch time, and Lu went to your side. I felt quite wretched about my helplessness. I had been with Lu nearly for 20 years, I’m afraid that an unreclaimable deep hole appeared somewhere in my mind. When Lu had gone, I suddenly felt tired. When in Shanghai, if people recognized that I am a Japanese and picked up easy words and spoke slowly, then I could understand them, but when they spoke normally I couldn’t follow them at all. I, whose age is in the middle of 60s, could manage to stay in such a place. I believe this simply because Lu was with me. Whenever Lu was beside me, I felt time ran very slowly and quietly.
I’m not sure how long I can live, but when I arrive at your side, I want to walk slowly with Lu again.

My God, until then, please take care of Lu !