Come spring! 

  •  
  • 79
  • 3
  • 0
  • English 
Feb 11, 2019 21:35
Come, Spring !

On 10th, I went to see my mother.
It takes 1 hour by train and 15 min. by bus.
I fill in my name and relation on visitor’s card and go up to
the 2nd floor.
My mother wasn’t in her room.
I asked the person in charge,” Is she taking a bath?”
He said, “No, she is just over there.”
I found my mother sitting on the wheelchair alone.
She seemed painful to raise her face, and couldn’t recognize me for a while.
I took her to her room.
She said her back ached badly.
I arranged 300yen tulips I bought around the station in a vase.
I asked,” If your back hurts, do you want to lie on bed? Can you stand up?”
She couldn’t stand up from the chair.
I hold and laid her on the bed.
I said, “It’s very cold now. You should be ok when it becomes warm.”
Mother said,” I’ll return home by taxi.”
I said,” You sure can return home 1 or 2 days when it gets warm.”

Mother suddenly said,” It’s dangerous by bicycle!”, as if current and past are duplicated in her mind.
When I left there, my mother tried to sit up and see me off.
I said, “Don’t bother. I’ll come again soon.”

Come spring, come quickly!
春よ来い

昨日、母に会いに行った。
電車で1時間、駅からバスで15分。
面会表に名前と関係を書いて2階へ行く。
母は部屋にいなかった。
「お風呂ですか」と責任者に聞いた。
「いいえ、そこにいますよ」。
母が1人、車椅子に座っていた。顔を上げるのが辛いようで、
始めはわたしを認識できないようだった。
部屋に連れて行った。
背中が痛いと言った。
駅のそばで買った300円のチューリップを花びんに挿した。
「背中が痛いなら、横になる?立てるかな?」
母は立てなかった。
抱きかかえてベッドに寝かせた。
「寒いからね。暖かくなったらよくなるよ。」
母が言う、「タクシーで帰っちゃおうかな。」
「暖かくなったら一日か二日帰れるよ。」

「自転車じゃあぶないよ。」母が思い出したように話す。
現実と思い出が重なっているようだ。
わたしが帰るとき、母は起き上がって見送ろうとする。
「そのままでいいよ。また来るからね。」

春よ来い、早く来い。