世界

  •  
  • 141
  • 1
  • 3
  • Japanese 
Apr 22, 2015 01:35
目の前にあったのは深く黒い闇。その闇はあたりのものをすべて吸い込んで潰して何も残らなかった。

足が地に届かなくまるで空に浮かんでる私もその闇に引っかかられて身の動きが限られてしまい力もちっとも出せない。
今しかできないことは祈祷なのだ。助けて!誰もいいからお願いといくら叫んでも応えたのはただ絶望というもの。間もなくわたしも闇に巻き込まれた。

時間がどのぐらい経ったかも知らず意識が戻ってきた。体はひとつ怪我がないけど何とか内心が真っ白になって思考もまったく止まって勝手に周囲へ伸びだしてた.
嫌だ。絶対駄目だと思う反抗の意志を持っても間に合わない。

潰したのは形じゃなく’”心”のことだ。