忘れらないこと

  •  
  • 145
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Dec 3, 2016 15:47
日本語と日本文化が好きになった私はもともと夢とか目標とか自分がしたいことが自分さえも分らなかった。高校卒業して親戚のレストランにホールスタッフに就いた。あの時はまるでロボットのようにお金を稼ぎつつ、将来はどうなるかと想像できなくなった。

こんな私の前に彼女が現れた。会計に就きに来た彼女は日本語ができて、私はそのきっかけに接し、日本語がだんだん好きになってきた。彼女のおかげで私のやりたいことが見つかって、再び希望というものが心に満ちた。

私にとって彼女はお母さんのように、いくら感謝してもその気持ちも表せない。今、ここで書いた文字はきっと何年も経っても忘れらないと思う。