子供の時、「魔女の宅急便」という映画を一度見たことがある。

  •  
  • 199
  • 3
  • 3
  • Japanese 
Dec 6, 2015 19:26
子供の時、「魔女の宅急便」という映画を一度見たことがある。最近、この映画をもう一度見直して、忘れたプロットだんだんに頭の中に浮んできた。とりあえず、この映画の粗筋を簡単に話しましょう。
キキは魔女なので、13歳になった時、喋られるジジという猫と自立の旅へ出発した。海の見える町のパン屋に下宿させてもらってから、キキは宅急便を開業した。中には辛い仕事もあって、突然に飛べなかったキキが、若手女子画家に励まされ、ようやく元気を取り戻した。ある日、キキの友人トンボが事故に遭って、キキは飛び出していって、彼を助けた。
この映画を見て、魔女は万能ではないかと考え初めた。キキは出発した時、ラジオを持っていった。しかし、生活の嵐がラジオの天気予報で予測できない。映画で若娘画家は「よく描けなくなる時、描くのをやめる。散歩したり、景色を見たり、昼寝したり、何もしない。そのうちに急に描きたくなるんだ」といった。私はこの話が大好きだ。どんなことに遭っても、自分の初心を絶対に忘れられない。映画の最後、キキはまた飛び出したが、ジジが話せなくなってしまった。たぶん成長は交易だろう。この過程で、何か捨てなければならない。ところが、もう経ったことも唯一の思い出でしょう。
小时候的时候看过一次魔女宅急便,最近又看了一遍,忘记的情节渐渐的在脑海里浮现出来。那么先简单的说一说电影的大致内容吧。
....
看完电影后,我开始想原来魔女不是万能的呢。琪琪出发的时候带去了一只收音机。但是生活中的暴风雨是收音机里的天气预报不能预测的。很喜欢电影里小画家说的那句话。我画不出画的时候就去散步、看看风景、睡睡午觉,什么都不干,在这过程中会突然就想画的不管遇到什么,绝对不能忘记自己的初心。电影最后,虽然琪琪又能开始飞起来了,但那只猫不能讲话了。大概成长就是一笔交易吧。在这个过程,必须要舍弃一些东西。可是,已经过去的事都是独一无二的回忆吧。