西瓜の話 第二弾

  •  
  • 195
  • 4
  • 2
  • Japanese 
Aug 7, 2015 22:59
西瓜の話 第二弾
そして、私は残る分を冷蔵庫に入れました。シャワーが終わって、あっという間に父が帰ってきました。冷蔵庫を開けて、「ええ、ほかの分はどこ、ああきっとお母ちゃんがほかのところに渡すでしょう」ええ一度でぴったり、いやなあのを思いながら、「ないよ、母ちゃんがほかの分を全部食べちゃった、一人で。」を言いました、真面目に。「ええええ、食べちゃったの、これ全部?まさか、えええ」「そうよ、今散歩してる、消化」「えええ、うんうんそんなだ」そのままで明日の夜、あの西瓜がまだ済まないから、父が座って必死に食べてる。母はそういうシーンを見て、文句が来た。簡単に言えば、ただではないし、どうして一気に食べなくてはだめだ。「じゃあ、食う?」「ええ、私は西瓜とかいやよ。」「うん、でも昨日半分食べちゃったかい。」「私か、ありえないわ、馬鹿な話やめで、おばあちゃんに渡したもん。」ここまで聞いて,私はこっそり逃げ出した。「ヤバイ、もうすぐばれちゃうかも。」( ̄▽ ̄)
西瓜的故事 第二弹
然后,我把剩下的部分放入了冰箱。洗完澡后,不一会儿爸爸就回来了。打开冰箱看了一眼说:“欸,另一半西瓜呢,啊肯定又被妈妈送到别的地方了吧。”一边想着就这样一下子猜中了,真不爽啊,一边认真地说:“没有哦,另一半全部被妈妈吃掉了,一个人。”“欸欸欸,吃掉了,这些全部?怎么可能啊。”“是哟,现在正在散步消化呢。”“哎嗯...是那样啊。”就这样到了明天的晚上,那个西瓜还没有解决掉,爸爸坐在那里拼命地吃着。妈妈看见这一场景后,开始抱怨了。简而言之就是:又不是免费的,为什么一定要一下子吃掉呢。“呐,你吃吗?”“欸,我不喜欢吃西瓜什么的啦。”“嗯...但是昨天的一半你不是全吃了?”“我吗,不可能啦,别说荒唐话了,因为那一半给了外婆了啊。”听到这里,我悄悄地逃走了。“糟了,马上就要露馅了呢。”