大学の問題について

  •  
  • 106
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Nov 6, 2016 18:05
私は大学に入ったら、今までもう3年生である。学校の生徒は大体2万人で、多いゴミは問題になります。、毎日学校で朝食と昼食を食べて、ゴミを出したらどんな怖い状況だろう。そう思えば、ゴミの問題は学校にとって、長い間に困っているかもしれません。

高校生の時に、ゴミの分別方法が厳しくて、クラスメートは互いに喚起(かんき)し合います。でも、大学は全然違います。例えば、弁当が1つは、紙ボックスと、プラスチックで透明蓋(とうめいふた)と、使い捨て食器があります。大学にゴミ箱から1つだけの場合に、どうすればいいですか。いよいよ困ったあと、全部一緒に捨ててしまいました。

学校はゴミの問題が解決したがるを見て気がつきます。なぜなら、毎学期にごみの分け方と、1分間で床にのゴミを持つことがどんどん呼びかけします。それでも、教室また汚いし、ゴミの分別もないし、何回注意しても、直しません。

いったいどうして教室が汚れていますか。「学校の環境には責任感の感情がない」という原因に大きく関係すると思います。皆は1つの教室に授業が終わって、次の授業をして教室を換わります。それて、もし1番目の教室にゴミを作って、次の教室に行って、ゴミは今自分の学ぶ環境に影響することがありません。まだ、ごみで名前を書かないから、誰のゴミがわかりません。この状況で教室にエスカレートしまいます。逆に、自分の家に少しごみが積んだら、すでにたまらないだろう。この原因は家は自分が気にする所である。もし人は長い間に生活する環境には感情を生めたら、環境を守る責任感もありますか。私は完璧な考えがないたが、必ず「時間」に関わると思います。それに、この問題の対策は「ずっと同じ教室で受ける」である。こうすれば、生徒はだんだんここに感情が生める。そして、他人に注意させなければ、自分に環境の状況を非常に気にします。無関心な態度のかわりに、いろいろなことに大切しましょう。