ふくろの話

  •  
  • 572
  • 9
  • 6
  • Japanese 
Jun 15, 2013 20:45
前回「ふくろう」について書いたが、今回は「ふくろ」の話です。「外国人にとって発音から区別しにくい二つの言葉です。」12年ぐらい前のことでした。そのとき、日本人の家族と一緒に住んでいました。9ヶ月くらいホームステイをしました。ホームステイの家族はすごく優しかった、とても楽しかっていい経験でした。「前の三ヶ月のホームステイは別のことですけど。」ある日、荷物を運ぶためにふくろが必要でした。ホームステイのお母さんに頼みました。ホームステイをしたとき、できるだけ丁寧な言葉を使いました。たとえば、出かけるたびに「行って来ます!」じゃなくて「行ってまります!」を呼びました。ですから、その頼んだとき「すみませんが、おふくろがほしいんですが。」と言ってしまいました!ホームステイのお母さんがいつもの顔をして、僕にふくろをくれました。僕はそのとき変な依頼をした、全然気がつかませんでした!でも、一週間あとにホームステイのお母さんが丁寧に僕のミスを教えてくれました。「おふくろ」の意味を分かったら、よく笑いました!
A story about a bag

Last time I wrote about owls (fukurou), this time I’m writing about bags (fukuro). (It’s hard for non-Japanese people to distinguish between those two words based on their pronunciation). The incident in question occurred about 12 years ago when I was living with a Japanese family. I did a nine-month homestay with them. They were really kind so it was a very enjoyable and good experience. (The previous three-month homestay that I did was a totally different matter.) One day, I needed a bag to carry things in so I asked my homestay mother. During my homestay I always tried my best to use polite language. For example, when I was living the house, I’d call out “Itte marimasu!” rather than “Itte kimasu!” (the former is a more humble form of the latter). So when I asked for a bag I said “Sorry to trouble you, but I’d like my mother (ofukuro) please!” The homestay mother kept a straight face and handed me a bag. At the time, I had no idea of the blunder that I’d made! But a week later, the homestay mother explained the mistake. I laughed a lot when I learned the meaning of ofukuro!