概要

  •  
  • 307
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Jul 9, 2012 03:52


この論文には三島由紀夫の長編小説、『豊饒の海』にある「転生」ということを調査する。そんなようなトピックに興味が持つ理由は三島の障害、持論、作品などに前の研究から関心を引くことだ。『豊饒の海』に「転生」という概念はもっともっと大切なテーマに違いない。本多繁邦という主人公は彼の友の転生にあくことなく信じていて、それはどうしてなんだろう。三島は筆者として、自分が転生ということに信じられないなので、どうして三島の最後の傑作に転生が中心となった。転生に関しては、本田、そのまたは三島の意見に仏教、神道の影響表すのようだ。『豊饒の海』を調査する際に、その影響を調べるのが大切だと思う。