作文のはじめ

  •  
  • 692
  • 0
  • 3
  • Japanese 
Jun 1, 2012 23:20
世界の中の日本: 翻訳した性

1。はじめに
英語の文学から多様性を積極的に翻訳することは、翻訳者に越すことのできない
みたいの仕事だ。「性」ということは世界中に色んな意味を持っている。英語の
本には伝統的に、「女性」、「男性」の性が表す。だが、最近「性なし」、「ト
ランスジェンダー」のような主人公が表れている。この作文に性を関して翻訳の
問題を調べたいと思う。この問題は異なる文化に性役割に関して様々な知覚を持っ
ているんだ。その性役割を調査したいと思う。最後に、英語から日本語まで翻訳
するさい、どうやって翻訳者は意味が積極的に守れるのか調べたいと思う。特に
性と翻訳研究の関係について検討する。そのわけで、二つの英語から翻訳した本
を調査するつもりだ。最初はロビンホブ( 鍛治 靖子 訳 )の「道化の使命」とい
う三部作 を調べ、特に最初の本、「黄金の狩人1」を調べたいと思う。その後は
マーセデス・ラッキー(澤田 澄江 訳) のヴァルデマールの絆シーリズから 「追
放者の矜持」という本を調べたいと思う。この二つの本は英語で「性」に関して
もっともことなるイデアを持っている。この作文の目的は、文学に入れた性役割
のことを翻訳するために枠組を現して、そして性に関して異なる文化の価値観に
ついて理解したいことだ。それに対して、意味を守れるべきだと思い、そして積
極的に翻訳するため英語と日本語の等価を測定するつもりだ。