オーストラリアの気候

  •  
  • 554
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Sep 9, 2013 19:34
オーストラリアの気候

オーストラリアは世界で最も乾燥した国の一つである。内部は大体フラットと不毛で、人数が少ない。

しかし、北部はだいたい熱帯気候を持っている。クイーンズランド州の一部、西オーストラリア州の北部とノーザンテリトリーは一月から三月までの雨季にモンスーン型の降雨がある。

実はオーストラリアが非常に大きいので、雪や霜から熱波までのいろんな気候条件を経験する。

いちばん寒い地域はタスマニアとオーストラリア本土の南東高地での高山地域である。いちばん暑い地域は大陸の中央の西である。

オーストラリアの季節は北半球の反対である。夏は12月から2月まで、秋は3月から5月まで、冬は6月から8月まで、そして春は9月から11月までにある。

7月はいちばん寒いの平均温度を有する。オーストラリア南部のほとんどで平均的な日中の温度は摂氏10~20度(50-80度F)で、北部の熱帯地方では高い20度か低い30度である。氷点下の天気は海岸の近くに稀なのに、多くの内陸部は冬に小さな一晩の霜を経験する。高山地域では温度がしばしば摂氏0度以下(32度F)に落ちて、雪が年の数ヶ月に1500メートルの標高の上に位置している。

1月と2月は南部で最も暑いな時期で、一方には熱帯の地域では11月と12月は一番暑いである。ほとんどの内陸部では平均的な日中の温度は摂氏30度以上(80度または90度F)で、西オーストラリア州の一部地域では摂氏40度(104度F)近く達する。何海岸の近く、高地地域とタスマニア州では温度がもっと涼しい(20度/70度F)である。