読む:『ペンギン・ハイウエイ』

  •  
  • 671
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Feb 14, 2013 17:39
読む:『ペンギン・ハイウエイ』
『ペンギン・ハイウエイ』は森見登美彦作、2010年、角川文庫に掲載されたの小説である。


あらすじ
アオヤマ君は小学校の四年生である。かれによると「大人に負けないほどいろいろなことを知っている」。小説の内容はこう:
ある日、彼の街に急にペンギンたちが現す。どうしてあらわれたのか、分からない。けど、歯料医院に働いているお姉さんに関係がありそうだ。アオヤマ君はペンギンのことについて毎日の研究を始める。


面白いと思った点
アオヤマ君は宇宙に興味が持つだそうだ。歯料医院を気になる理由はあそこが「宇宙ステーション」のようなビルなのである。あとは「研究所」(彼の部屋)に本物の宇宙ステーションの写真を研究したあと、白いブロックを使うと宇宙ステーションみたいなスペースを建つつつある。宇宙の関係は本内に続ける。

もう一つのモチーフのような続けるイメージは「ジャバウォック」なのである。ジャバウォックとは、ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」の続き、「鏡の国のアリス」に描いてある「ジャバウォックの詩」から来たの怪物である。ジャバウォックの詩はナンセンスの詩で、「borogoves」「vorpal」のような本物ではない言葉を使う。歯料医院のお姉さんはアオヤマ君に「あの森に入ったことある?」と聞くときにそういう、

「ジャバウォックが出るぞ」
「ジャバウォックとは何ですか?」
「本に出てくるお化けだよ」
(pp.69)
その後、アオヤマ君はお姉さんが読む本に見て、「剣をもった少年とジャバウォックが戦える」絵を始めて見る。アオヤマ君の家の近くの森にとジャバウォックがいたら、勝てわけがないというように思われているそうだ。
私の小さい頃も、「鏡の国のアリス」の演奏をしたので、このジャバウォックのモチーフが面白いと思う。ジャバウォックは存在しないのに、まだ怖いそうだね。


私の意見
『ペンギン・ハイウエイ』は読みやすい。小学校の四年生に描いてありそうな言葉で、使っている表現は簡単だ。いつも、色んな不思議なことが現れて、ストリーの全部はミステリーである。後は、「宇宙ステーション」、絵本などの小学校の四年生に興味を持つことがいっぱいあって、森見の表現は主人公を完璧に説明する。