Journal
 
 
Photo Album

green's entry (30)

Post an entry now!
green

鎌倉11:お土産狩り

ブログを書いています。 よろしくお願いします。 -- そろそろ日本の滞在が終わると認識しつつ、 お土産を買おうと思った。小町通りに入り、 家のバーさんのための扇子を探しに行った。 様々な店を訪れたが、残念ながら適当なもの は見つかれなかった。そして八幡宮で右へ...
  •  
  • 601
  • 4
  • 4
  • Japanese 
Jan 31, 2013 04:40
green

鎌倉10:電話会話

ブログを書いています。 よろしくお願いします。 -- 「もしもし、鎌倉ユースホステルでしょうか」 「そうです」 「恐縮ですが、今夜宿泊させて頂きたいのですが」 「少々お待ちください...いいですよ。何時ごろにいらっしいますか」 「ええと...夕焼けの後はいかが...
  •  
  • 446
  • 4
  • 4
  • Japanese 
Jan 30, 2013 05:05
green

鎌倉09:宿の苦境

ブログを書いています。 よろしくお願いします。 -- 宿がまだ決まっていないので、あるコンビニ前で自転車を停め、 不思議な緑公衆電話に近寄った。鞄からノートを出し、出鱈目 にページを開きながら、電話の入り口にテレホンカードを差し入れた。 「高級ホテルばかりだなぁ...
  •  
  • 545
  • 8
  • 7
  • Japanese 
Jan 29, 2013 05:02
green

shikinen senguusai

今年は式年遷宮祭のようです。お礼参りしますか。
  •  
  • 290
  • 3
  • 2
  • Japanese 
Jan 28, 2013 04:39
green

鎌倉08

ブログを書いています。 よろしくお願いします。 -- 産経新聞の社説を読みながら、アロハバーガーを頂いた。 うまかったけど、なぜか分からないけど、 どこか釈然としない気がした。それで勘定を済ませ、 路頭の迷いに戻った。
  •  
  • 376
  • 3
  • 3
  • Japanese 
Jan 28, 2013 03:22
green

車の墓場

車の墓場でお兄さんに「これはあるだい」と聞くと、 「あるよ」と答えてくれて、うれしくなった。
  •  
  • 296
  • 4
  • 3
  • Japanese 
Jan 27, 2013 04:28
green

鎌倉07:アロハ

ブログを書いています。 よろしくお願いします。 -- 2階まで階段を上り、レストランに入った。カウンター へ向かい、「アロハ」と言ってみたが、「いらっしゃいません」 に答えられてしまった。メニューを見ているうちに 「ご注文どうぞ」と言われ、どきどきして「マヒマヒ...
  •  
  • 406
  • 7
  • 5
  • Japanese 
Jan 27, 2013 02:58
green

鎌倉06:南北風味

ブログを書いています。 よろしくお願いします。 -- 墓地の冒険は十分できた気がしたなので、 腹ごしらえに何か食べ物はないかと探しに行ってみた。 そしてもう少し走ると、「クア・アイナ」という 食堂に辿り着いた。南北風味の懐メロを聞こうと思い、 チャリの錠をしっ...
  •  
  • 436
  • 1
  • 6
  • Japanese 
Jan 26, 2013 05:14
green

鎌倉05

ブログを書いています。 よろしくお願いします。 -- ちっちゃなな公園より、 住宅の間の荒れ地のような感じがした。 その中には墓碑があった。 「和田一族」などと書いてあった。
  •  
  • 452
  • 9
  • 6
  • Japanese 
Jan 25, 2013 04:46
green

鎌倉04

ブログを書いています。 よろしくお願いします。 -- 町をあてもなくぶらぶらと走った。僕にとっては鎌倉は、 社寺意外には、まったく普通の道のように見えた。 駅、コンビニ、100円ショップ、パチンコ屋、 スナック、スーパー、レストラン、市役所や郵便局などがあった。...
  •  
  • 300
  • 9
  • 4
  • Japanese 
Jan 24, 2013 04:52
green

鎌倉03:仮装した紳士

ブログを書いています。 よろしくお願いします。 -- 今回はちゃんと信号が青になったのを確認してから交差点を渡った。しばらく歩くと、 かなり派手な、大きい鳥居が目に入ってきた。 その鳥居をくぐると、「段葛 (だんかずる)」という参道に入った。桜の並木で、両側に提灯が...
  •  
  • 351
  • 5
  • 6
  • Japanese 
Jan 23, 2013 04:08
green

鎌倉02

ブログを書いています。 よろしくお願いします。 -- 僕は海岸沿いの国道134号線を右折し、 若宮大路に入り、1km程を走ると、 下馬という交差点でチャリから降りた。 朝7時ぐらいだった。空にカラスがカーカーと鳴いていた。
  •  
  • 412
  • 9
  • 7
  • Japanese 
Jan 22, 2013 04:52
green

霜の日

冬の日が沈んだ後、月の影の下で 霜の付いた草木を眺めながら、 足元が冷えてしまった。
  •  
  • 385
  • 8
  • 5
  • Japanese 
Jan 21, 2013 07:16
green

鎌倉01

ブログを書いています。 よろしくお願いします。 -- 鎌倉は三浦半島の西海岸に面している17万人くらいの日本の都市であれ、 1192年から1333年まで武家政治の中心だった。ともあれ、僕が辿り着く夜は穏やかな海岸町だった。
  •  
  • 366
  • 1
  • 3
  • Japanese 
Jan 21, 2013 03:10
green

yoru vs yoseru

自動詞と他動詞についてかなり混乱していますので、 例文を作ってみました。どうぞよろしくお願いします。 -- 1.電車内のドアに寄ると、人がいっぱいで出られなかった。 when i got near the train door, it was crowded and...
  •  
  • 558
  • 14
  • 4
  • Japanese 
Jan 19, 2013 06:21
green

ぐっすり駒

半野性の子馬の群れを近くに寄せると、一匹はそのまま動かなかった。 よくみると、寝ていた。
  •  
  • 480
  • 8
  • 5
  • Japanese 
Jan 17, 2013 04:01
green

初サボリ

家の会社のベベリーさんは 月曜日に出勤するのが嫌いです。 今日は初サボリでした。去年の記録を 上回ろうとしているのでしょう。
  •  
  • 389
  • 7
  • 4
  • Japanese 
Jan 15, 2013 06:45
green

富浦15: 黒い綿棒

ブログをまた書いています。 よろしくお願いします。 -- 湯気で霞んでいるドアをくぐると、風呂場になった。 そしてプラスチック製の椅子をつかんでそれに座り、 蛇口の前で体を念入りに洗った。できてから、 湯船へ向かい、ゆっくりと体を湯に沈めた。 眼鏡は掛かってな...
  •  
  • 383
  • 6
  • 5
  • Japanese 
Jan 14, 2013 02:37
green

富浦14

ブログを書いています。 よろしくお願いします。 -- 狭い玄関で靴を脱いで下駄箱に入れた。 蒸気が眼鏡を曇らせ、裸足で何も見えず 脱衣場に入った。服を脱いで籠に入れると、 風呂場の霞んでいるドアへ向かった。
  •  
  • 294
  • 3
  • 3
  • Japanese 
Jan 13, 2013 02:24
green

富浦13

ブログを書いています。 よろしくお願いします。 -- エレベータのボタンをポチッと押した。 最上階でドアが開くと、また別世界に入った。 ホテルではなく、普通の大型マンションの バルコニーにいるように感じた。 廊下に並ぶドアの一つには「お湯」と書かれていた。 ...
  •  
  • 354
  • 5
  • 3
  • Japanese 
Jan 12, 2013 04:56