幹細胞の死の舞踏は解明された

  •  
  • 613
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Jan 15, 2011 23:36
新しい記録をアップして以来久しくご無沙汰しています。それ以来もうほとんど半年が過ごしたことは信じられません。去年の九月に文学士号を取りましたが、今は修士号も何しても取りたいと思っていますから、一所懸命勉強することにしています。その結果、残念ながらlang8にログインする機会が全然なく、lang8の友人と連絡も保つことができませんでした。ですから、謝ります。
ところで、修士号の勉強のためにドイツ語の原文を日本語へわかりやすく翻訳することを目指しています。そのため、以下の幹細胞研究に関する新聞記事を翻訳してみました。翻訳を添削していただければ、幸いです。よろしくお願いいたします。

追伸:ドイツ語のわかる人々のために原文もつけておきました。

翻訳:
幹細胞の死の舞踏は解明された
幹細胞は21世紀の医学の驚異の武器である。しかし、その幹細胞を実験室において培養することは今まで問題であった。幹細胞はただ塊の中だけに生き残ることが出来るが、別々に分けられるとやいなや、死ぬことである。理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの研究者チームは培養における幹細胞死機構を解明することが出来た。笹井芳樹氏を巡る研究者団体は幹細胞が死の前に演じるいわゆる「死の舞踏」を発見した。細胞はその際折るまで激しい動きをしている。その現象は胚幹細胞でも新型万能細胞でも起こる。研究者は今その速い細胞死を個性化では酵素添加によって阻害することができた。その研究結果は今までの細胞培養の効率を改善し、幹細胞の使用の際、癌になる確率を減らすことに寄与するはず。その間、奈良大学の他の研究者チームは対麻痺鼠をまた走れるようにすることに初めて成功した。新しい方式は対麻者と卒中患者を癒すこともできるだろう。実験動物は脊髄の神経が切断してあった。損傷部には幹細胞が注入され、同時に動物は抗癲癇薬で治療された。幹細胞は神経細胞に変形し、切断してあった神経終末に付着し、神経路を復元した。


原文:

Todestanz der Stammzellen enträtselt
Stammzellen sind die Wunderwaffen der Medizin des 21. Jahrhunderts. Doch ein Problem war bisher die Kultivierung dieser Zellen im Labor. Stammzellen überlebten nur in Klumpen, sobald man sie einzeln trennt, sterben sie. Ein Forscherteam vom RIKEN-Zentrum für Entwicklungsbiologie konnte jetzt den Sterbemechanismus für Stammzellen in Laborkulturen entschlüsseln. Die Wissenschaftlergruppe um Dr. Yoshiki Sasai entdeckte den sogenannten „Sterbetanz“, den die Stammzellen vor ihrem Tod aufführen. Die Zellen führen dabei sehr heftige Bewegungen aus, bis sie zerbrechen. Das Phänomen tritt sowohl bei embryonalen Stammzellen wie bei induzierten pluripotenten Stammzellen auf. Die Forscher konnten nun diesen schnellen Zellentod bei Individualisierung durch die Zugabe eines Enzyms verhindern. Dieses Forschungsergebnis sollte dazu beitragen, die Effizienz der bisherigen Zellkulturen zu verbessern und die Wahrscheinlichkeit von Tumoren bei der Nutzung von Stammzellen zu verringern. Einem anderen Forscherteam von der Universität Nara ist es unterdessen erstmals gelungen, querschnittgelähmte Mäuse wieder zum Laufen zu bringen. Die neue Methode könnte auch gelähmten Menschen und Schlaganfallpatienten Heilung bringen. Bei den Versuchstieren waren Nerven im Rückenmark durchtrennt. In die beschädigten Stellen wurden Stammzellen injiziert und die Tiere gleichzeitig mit anti-epiletischen Medikamenten behandelt. Die Stammzellen verwandelten sich in Neuronen, wuchsen an den durchtrennten Nervenenden an und stellten die Nervenbahnen wieder her.

出典:www.japanmarkt.de
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app