ドイツにおける燃費動向

  •  
  • 572
  • 2
  • 3
  • Japanese 
May 9, 2010 23:33
今週の宿題はドイツの今と昔の物価についてのグラフを参考にして、そのデータを文章化することでした。それは私にとって初めてでしたから、以下の文章は間違いだらけになってしまったと思います。

以下のデータは2005年1月から5月にかかるドイツにおける燃費動向についてである。
そのデータによると、天然ガスの物価は段々増えてきているそうだ。1リッターの天然ガスは2005年1月には50セントがかかったことに対して、2007年5月には60セントもかかった。
ドイツのディーゼルの物価は2005年の3月に入って急増した。二ヶ月にわたって約10セントくらい上がった。その後にも、ディーゼルの伸びが大きくて、ディーゼルの物価は2005月11月の始めに115セントで、2005年の始めに比べて約1割ぐらい高くなっている。11月の始めから12月まで物価がわずかに5セントぐらい安くなっている。それから2006年の3月にかかって、グラフがほとんど変わらない。しかし3月からディーゼルの伸びが大きくなってきて、7月には1リッターのディーゼルは115セント強かかる。7月の終わりにディーゼルの物価はまた5セントほど序々減ってきている。2006年11月から2007年2月の初めまでグラフがあまり変わらない。しかし、同年の5月までディーゼルの物価はまた115セントがかかるようになっている。
ドイツにおけるガソリンの物価は2005年1月以降急増している。特に2005年5月から9月にかけての伸びが大きい。2005年10月から12月の初めまでにガソリンの物価が約15セントぐらい減少してきている。しかし、その後にガソリンの物価は段々上げてきて、2006年7月には1リッターにつき135セントにもなっている。それは2005年1月のガソリンの物価に比べて、約3割の物価の上昇である。さらに、2006年8月からグラフが下がってきて、ガソリンの物価は2006年9月の終わりに約120セントになっている。2006年10月から2007年1月の終わりにかけてガソリンの物価は約120セントで横ばいを続けている。しかし、2007年2月からグラフはまた135セントまで伸びて、その時からもっと伸びていくようである。
スーパーガソリンのグラフはガゾリンのグラフと大体同じである。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app