福祉と高齢者

  •  
  • 308
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Sep 23, 2016 18:58
話相手から、ただ自分の考えを通じて、聞き相手の気持ちから認知の見合わせを見ながら、個人情報の判断から聞き手の心の奥まで読み通すように。
高齢者の過去、日々の重ねって積ったきった事は一人ごとに達しています。
その時間の流れの中に、自分を苦しい生活との戦うが今まで余裕がありの社会現象の転換に生みたすの平然、後輩として私にとって、とでも素晴しいとおもいます。たから一つでもいい、高齢者の見に持っている知恵を私にも見に付けてもらたっら、これからの人生がきっとミズが少になるでしょう。
高齢者たちは半分感覚なくなる方がいます。たから右斜面でさける目線を合わせる、と話スービトは相手ベーズと合わせる話方が大切に、まず笑顔からゆっくり明るく自己紹介からスタートように心を込めて言葉と行動を行ってから行う。福祉サービスの最後はその人らしくの伝っておくように。
高齢者に向けているサービスは、商業ビジネスとは別のやり方が持ってなければなりませんという事が分かった。
ターミナルケアという言葉が初めて聞きました、その方の気持ちが最後まで整えっている姿を止っている仕事できるが、この福祉サービスを業としている最高の願いと思われています。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app