前にあわない

  •  
  • 156
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Feb 14, 2011 09:45
国際テク二カル美容専門学校勉強している,の一年の前期,クラスの担当から外国人向け奨学金を競うしませんが,競う相手はテクニカルにいる世界から留学生です。と言てた、学校は大手クループで相手のレベル軽視ものところではないと言えも、勉強不足ことを短時間で補うものではないですので、日々を祈っている面接の日に相手と合わせて、心ぼそいでした、突然事務所にいる部長から呼びされた、これからどう何気持ちを持って勉強するつもりと言てった、私何にも悪いことしていないのに、昼時間は学校にいる夜は学校に属く宿舎、すべて生活は学校に見られると考えなから、おめでとう、言ていた、飛び出したいぐらいうれしかった。
ですが家族に知らせたは私より倒れたいくらいと言っていた。